トップ を ねらえ パチンコ

トップ を ねらえ パチンコ

 だからこそメルシーネにはいまいちわからない

そしてそういう点があるからこそ厄介な相手と言っている

メルシーネが把握できない竜に関する何かの力を持っている、メルシーネの正体に関する部分も把握されている

あなたも好きかも:カウボーイビバップ スロット 天井
別にそれを触れ回ったところで何か困ることがあるわけではないが……なんとなく自分のことをわけのわからない方法で知られていることが嫌だといった感じである

あなたも好きかも:パチスロ ガルパン 解析
 しかし女性の反応からすると別に悪意があるとか敵意があるとかそういうふうには見えない

というか平伏して言葉を丁寧にしているあたり敬っているようにも見える

それはそれでまた奇異な気もするが

「お前は何なのです?」「私はアミーラです

竜の巫女、竜に仕え竜のお世話をするものです」「竜の巫女、ですか……」「はい

竜のために、竜の望みをかなえ竜の身の回りの世話をする

そのための存在です」「なるほど

一応意味合いとしては理解できるのです……」 竜の巫女

あなたも好きかも:パチンコ 太陽 イベント
竜に仕え竜の身の回りの世話をする役目を担う存在……まあ神に対してが竜に対してになっただけというわかりやすいものだろう

ただそれがメルシーネの力に関してわかる理由にはならないし竜の巫女だから竜が好意的になる、敵対意識を抱かないということにはならないだろう

「でも竜がお前を襲わない理由はなんなのです?」「私が竜の巫女だからです」「……竜の巫女とはなんなのです? 先ほど話した竜に仕えるもの、というのはわかるのですけど……普通は人間に対し竜が友好的に対応するわけはないのです

例外もあるですけど、少なくとも普通はないのです

つまり何かお前に対し竜たちが大人しくする理由があるはずなのです」「竜の巫女だから……というのが理由になります」「…………」「わかっています

そのようなことをお聞きしたいのではないのでしょう

ですがそれ以上でもそれ以下でもありません