ドラクエ4 ps カジノ 景品

ドラクエ4 ps カジノ 景品

また、ザクセン騎兵師団を中核とするトゥール・リッペ将軍麾下の諸隊はル・カトー周辺からサン=カンタンに退却します

 1月26日

 サン=カンタンに居残っていたフォン・ブロニコウスキー少佐の支隊(この時点で猟兵第8大隊、フュージリア第33連隊第2大隊、驃騎兵第9連隊第1中隊、第8軍団砲兵の騎砲兵大隊)は後をザクセン騎兵に任せて第15師団の待つペロンヌ周辺に向け出立しました

同じくカンブレ南方に展開していたフォン・デア・グレーベン兵団(この日解隊・原隊復帰となります)も後退行軍に入り、フォン・ガイル将軍率いる混成師団はル・カトレ~ファン(ペロンヌの北北東14キロ)の線上へ、騎兵第7旅団は一気にコンブル(同北北西10.2キロ)まで退きました

あなたも好きかも:東十条 スロット データ
 1月27日

 この日独軍は目的地へ行軍中の諸隊を除き休息日となります

 1月28日

 主力の集合を終えた第15師団が更に西へ動き、騎兵第7旅団はアミアン西方の警戒部隊に指定され、ボヴェル(アミアンの西11キロ)に向け長距離行軍を行いました

あなたも好きかも:プロフェッショナル スロット
 こうして独第一軍主力は1月29日の時点でほぼ全部隊がソンム河畔における指定駐留宿営地に至りました

独第一軍の配置(1月29日)※ 独第一軍・71年1月29日における展開配備 右翼(東)より左翼(西)へ□ 騎兵第12「ザクセン王国」師団 師団長 伯爵フランツ・ヒラー・フォン・トゥール・リッペ=ビースターフェルト=ヴァイセンフェルト中将*クレルモン(アミアンの南58.2キロ)へ派遣していたライター騎兵第3連隊が復帰し、第41連隊(旧ベッキング隊)と共にサン=カンタンに駐留

ベッキング大佐と野砲兵第1連隊の重砲第3、軽砲第3中隊は第1軍団混成師団に転属しました

□ 第1軍団混成師団 師団長 男爵ヴィルヘルム・カール・フリードリヒ・フォン・ガイル少将*ヴェルマン(サン=カンタンの西北西10.4キロ)とロワゼル(ヴェルマンの北北西8.5キロ)周辺に駐屯

あなたも好きかも:攻殻機動隊 スロット 動画
□ ペロンヌ要塞守備隊*後備歩兵2個大隊を中心に以下の守備隊を編成

○後備「グライヴィッツ(現ポーランド・シロンスク県のグリヴィツェ)」大隊・第1,2,3中隊○後備「コーゼル(現ポーランド・オポーレ県のコジレ)」大隊○槍騎兵第5「ヴェストファーレン」連隊・第3中隊○第8軍団野戦工兵第3中隊の1個小隊○要塞砲兵第1連隊・第11中隊○要塞砲兵第5連隊・第13中隊□ 第16師団 師団長 男爵アルベルト・クリストフ・ゴットリープ・フォン・バルネコウ中将*予備騎兵第3旅団を配下に加えペロンヌの西・ブレイ=シュル=ソンム~モンディディエ街道(現・国道D329号線)の沿道両側に展開・駐留し、第31旅団支隊がソンム諸渡河点・橋梁を守備し、第32旅団支隊はアミアン~サン=カンタン街道(現・国道D1029号線)との交差点周辺に宿営、予備騎兵第3旅団は両歩兵旅団の間で待機

□ 予備第3師団 師団長 フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニコラウス・アルブレヒト親王中将*近衛混成騎兵旅団(30日に近衛驃騎兵連隊の第2中隊が合流しました)を配下に加え第16師団の後方予備となり、ショルンヌ(ブレイ=シュル=ソンムの南南東14.7キロ)周辺に駐留

□ 第8軍団砲兵隊 隊長 カール・ルイス・フランツ・アマルリック・ウルリヒ・フォン・ブリュッヒャー大佐(野戦砲兵第8連隊長)*アミアン~サン=カンタン街道上のヴァルフッセ(現・ラモット=ヴァルフッセ

ヴィレ=ブルトヌーの東5.7キロ)とヴィレ=ブルトヌーに駐屯

□ 第15師団 師団長 ルドルフ・フェルディナント・フォン・クンマー中将*第16師団と連絡しつつソンム右岸(ここでは概ね北岸)でアシュー=アン=アミエノワ(バポームの西22.8キロ)周辺に第30旅団支隊が、ヴィレー=ボカージュ(アミアンの北11.6キロ)周辺に第29旅団支隊がそれぞれ駐屯(アラス方面を警戒)

□ アミアン守備隊*歩兵5個大隊・騎兵1個中隊・要塞砲兵1個中隊・工兵1個中隊