バイオ6 スキル スロット

バイオ6 スキル スロット

「真に、セツナ伯らしい言葉ですな」「セツナ伯ほど陛下への忠誠心にあふれた方はおらず、我々も伯に学ばなねばなりません」 アルガザードに続いて発言したのは、右眼将軍ことアスタル=ラナディースだ

セツナ派の筆頭という立ち位置にいる彼女は、奥面もなくセツナを贔屓してみせたが、会議室内にいるものはだれひとりとして彼女の言葉に反論することはなかった

皆、セツナのことをそれだけ評価しているということであり、アスタルの言が正しいということを知っているからだ

 会議には、セツナの報告会に参加していた面々がそのまま参加している

レオンガンドは当然として、大将軍アルガザード、右眼将軍アスタルに左眼将軍デイオン、副将ジル=バラム、ガナン=デックス、参謀局からエイン=ラジャール、アレグリア=シーン、そしてレオンガンドの六人の側近たちだ

無論、王妃ナージュはこの場にはいない

あなたも好きかも:パチンコ 打ち子 募集 東京
後宮でレオナの世話をしていることだろう

レオンガンドとしても、本音をいえば、一日中レオナのことを見ていたいのだが、国王レオンガンドはそういうわがままをいえる立場にはなかった

国王なのだ

政治家、軍人、文官のだれもが自分の命を削り、時間を削り、国に奉仕している状況にあって、国王だけがふんぞり返っている場合ではない

国王みずからが率先して前進し続けなければ、この国はいつか内部から崩壊するだろう

ガンディアは、盤石ではない

あなたも好きかも:学芸大学 パチンコ ミナミ
盤石ではいられないのだ

あなたも好きかも:パチンコ 野生の王国go
とにかく国土を拡大し続けなければならないという強迫観念がレオンガンドを突き動かしている

一日でも早く、一秒でも早く、小国家群の統一を成し遂げなければならない

もちろん、レオンガンドの一代で成し遂げられるとは思ってはいない

小国家群をひとつに纏め上げるのは至難の業だ