名古屋市 パチンコ 禁煙

名古屋市 パチンコ 禁煙

少し寝るといいよ?」 先にダウンしたマリアと一緒に、ドロシーも屋根裏で仮眠している

朝ラッシュさえ終わってしまえば、あとは一人でも回せる規模なわけだし

「はい、わかりました……」 緊張が緩んだのか、欠伸をかみ殺したエミーも屋根裏部屋へと向かった

 カウンターに一人になった私は、工房のコンロに点火をして、昨日の宴の余り物である、熊肉のスープを温め始める

コンロをもう一つ用意して、お湯を沸かしておく

あなたも好きかも:カジノ 治安悪化 事例
イモとパスタでも茹でますかね

あなたも好きかも:Joker Win
パスタは十キログラム以上作ってあったんだけど、それでも七割以上消費されていたから、見た目に珍しい料理は人気になる、ってことなのかな

 お昼過ぎになるとドロシーとマリアが起きてきた

「エミーはもう少し寝かせておいてあげましょう」 ドロシーらしくない優しい思いやりに胸が温かくなる

あなたも好きかも:パチンコ 絶対 辞める
「フフフ、いまの時間寝ちゃったら、体内時計が狂って後が辛いのよね」 なんだ、やっぱりドロシーらしいや

仲悪いなぁ……

「大体ね、覚えるの早すぎるのよ

アンタもそうだけどさ、エミーは出来が違うわ」「あー、そうだねぇ」 やっぱり同年代の娘からも、そう思われてるのか

元の世界なら、『優等生がお高くとまってんじゃねーよ!』みたいに、イジメに遭ってるかもしれない