パチンコ 回る店 大阪

パチンコ 回る店 大阪

「だったらプールでも行く?くらい言えないの」「君と付き合ってる訳じゃないんでね

それに今は、管理案の事を優先しないと」「屋神さんみたいに、少しは余裕を持ったら

あなたが優秀なのは認めるけれど、結局一人でやれる事には限界があるんだから」「分かってるさ、そのくらい

でも、性分なんだ」 起動させた端末から目を反らさない杉下

 指は絶え間なく、キーの上を滑っていく

あなたも好きかも:パチンコ テイルズ 保留
「それで、俺に何か用」「親睦を深めようと思って」「屋台骨は屋神君

精神面でのサポートは君がする訳か

良いアイディアだ」「分かってもらえて嬉しいわ

考えている事をもう少し話してくれると、こちらも助かるんだけど」 涼代の爽やかな笑みも、端末を見つめ続ける杉下には届いていない

あなたも好きかも:スロット 大工の源さん 朝一
 それでも彼女は、その笑みを絶やしはしない

  真剣な面持ちで端末を操る彼に、微笑み続ける

「あなたが本当は何を考えて、どうしようと思ってるかは私程度には分からない

あなたも好きかも:なのは パチンコ 甘デジ
新妻さんや大山さんの考えも」「彼らはともかく、俺はもっと単純だよ」「いいの

例え何があっても、誰がなんと言おうと

私はあなたを、仲間だと思ってるから」 鈴の音のような声が、人気のないラウンジに広がっていく

 顔を伏せ、端末に見入っている杉下にも

 しかし彼の表情に変化はなく、言葉を返す素振りもない