アスカ パチンコ 埼玉

アスカ パチンコ 埼玉

俺はもう何でも来いの精神である

娘たちの要望ならば、応えよう

ナーニャたちの先導で、地下への幅が広い木造の階段をかなり下りていくと階段の切れ目に、電灯に照らされた、入り口が見えてくる

入り口を潜ると、長椅子や自動販売機のようなものが並ぶ広い休憩場のような場所が広がっていてそのさらに奥に幾つも入口が見える

あれが風呂へ続く道だろう

あなたも好きかも:クレヨンしんちゃん sfc スロット
長椅子には、老年の魔族たちが何名か座って歓談している

昔、両親に連れられて行った地元の健康ランドの待合室を思い出すような何とものどかな光景である

とはいえ、入り口は沢山あるし、どこに入ればいいのかなと子供たちと見回していると階段を急いで下りてきたアガタが「良かった

あなたも好きかも:葛西 パチンコ ひっぽ
間に合いました

あなたも好きかも:パチンコ サイズ
 皆様のために開けているお風呂場は最も右手でございます」一番右側の入口を指さしてくる

「タジマ様、屋敷付きの専門の女性たちによる 男性用入浴介助サービスなどもございますが……」アガタが小声で告げてくるが「い、いや……いいです

結構です

 子供たちと入ります」素早く断わって、休憩所の右奥の入口へと歩き出す

しかし、魔族国のメイドさんたちも大変である

客のシモへの気遣いもしないといけないのか

いや、忘れよう