スロット サンダーvリボルト

スロット サンダーvリボルト

「…………反動が小さいな」 そう言いながら、俺はアメリカ製アサルトライフルの『M16A4』を訓練場の壁に立てかける

 M16は、アメリカ軍が運用しているアサルトライフルだ

あなたも好きかも:パチンコ店 武蔵野市
長い銃身と照準器のついたキャリングハンドルが特徴的な銃で、他国の銃と比べると非常に汎用性が高いという特徴がある

あなたも好きかも:火の鳥 ブラックジャック
しかも使用する弾薬は小口径の5.56mm弾であるため、反動が小さくて扱いやすい

 この銃が初めて投入されたのは、ベトナム戦争だ

 ベトナム戦争ではアメリカ軍は『M14』と呼ばれるライフルを使用していたんだけど、大口径の弾丸を使用するM14は非常に反動が大きいため、扱いにくかったという

 そこで、M14よりも反動が小さくて扱いやすいM16が投入されたのだ

現代のアサルトライフルが小口径の弾丸を使用するようになったきっかけは、このM16と言っても過言ではない

冷戦の最中は敵国だったソ連でも小口径の弾丸を使用するようになった原因でもある

 そう、この銃は敵国にまで大きな影響を与えたのだ

 ちなみにM14もマークスマンライフルに改造され、今でもアメリカ軍の兵士たちをM16と共に支え続けている

あなたも好きかも:岡山 パチスロ イベント日
 テンプル騎士団では7.62mm弾を発射できるように改造したテンプル騎士団仕様のAK-12とAK-15を正式採用している

小口径の弾丸を使用するライフルも配備しているけれど、それを使用するのは対人戦が専門のスペツナズくらいである

 この世界では魔物との戦闘も行うことが多いため、ライフル弾はできるだけストッピングパワーの大きい口径が大きい方が望ましいのだ

大口径の弾丸ならば魔物の外殻も貫通できるし、厄介な飛竜も撃墜する事ができるのである

 基本的に東側の装備が配備されているけれど、武器庫の中には西側の装備も用意してある

今しがた射撃に使っていたM16A4も、数分前に武器庫の中から持ってきた代物だ

「試験部隊でも作ろうかな」 来週の会議で提案してみよう