上永谷 パチンコ バイト

上永谷 パチンコ バイト

いきなりセイが俺の腕をサッと引いて、二メートルほど旧校舎側へと移動させた

次の瞬間には、俺は既に幽霊と重なっていたことに気づいて血の気が引く

つい数秒前まで俺が立っていた位置にセーラー服を着た十七くらいの透けた少女が立っていた

あなたも好きかも:白猫 ギガスルプス スロット
髪型はロングで腰近くまである

「……私が……から……私が……」ブツブツと呟く少女の声が聞こえる

あなたも好きかも:緑 ドン 新台 スロット
俺は口を半開きにしたまま、白眼を剥きそうになっているといきなりセイから鳩尾にパンチを入れられた

「……っは!」「おいー雑魚ユキになってる場合じゃないだろー

 いつもの超強いユキに戻れー」セイは呆れた顔で俺を見つめた後に「私が悪かったから、失くした私が悪いからと繰り返しているな

 生前の後悔か何かか?」まったく気にしない様子で言ってくる

あなたも好きかも:ブラックジャック マネーシステム
「なんでお前は怖くないんだよ……」「おいー忘れたのかー?セイ様は地元で幽鬼たちと親しく付き合っている女だぞ?」いきなり思い出した

確かこうつの執事が死んでセイや家のことが気になって、モルシュタイン一族の治める島の端の森に確かに住み込んでたよな……

「そもそもタカユキも変だぞ? 幽鬼に対してあれだけ無敵な男が、何で地球の幽鬼ごときを怖がってるんだ?」「子供のころから、怖いって教えられたものなんだよ

 アグラニウスの幽鬼は後から知ったし、怖がってる暇なんて無かったしな」セイは理解した顔で頷いて「そうかそうか

子供のころの刷り込みか」そう言いながら、何気ない顔でにゃからんてぃを頭に乗せたセイはブツブツと呟いている少女の幽霊を行ったり来たりしながらすり抜け始めた

そしてブツブツ呟いている少女の足元近くでいきなり靴でカツカツ叩きながらリズムを取り始める

セイの頭のにゃからんてぃが「おおおおーあえおーおおおーぉおおおおおお~」などと謎の音程を歌いだした

おおおお……幽霊の呟きと、セイたちのリズムと歌が完璧なハーモニーを奏でて……

いや、何を俺は思ってるんだ……止めないと「おい!そろそろ止めとけ」さすがに何かヤバいんじゃないだろうか……