パチンコ クリスタルドラゴン 甘

パチンコ クリスタルドラゴン 甘

そいつは並外れた剣才があって、運良く生き延びた」「そ、そうなんだ……」「襲撃が終えて、魔獣が散った後に帰ってきた大人たちは、その子を見て……化け物と言った」「はあ!?」「一団の中には、その子の親もいた」「うそ」 タガネの顔に色濃い影が差す

「それから町を追われた

子供は生きる為に別の町に移動した

だが、辺境の噂が広がっていてから、憐憫と畏怖に晒されて、何処も子供を受け入れなかった」「……」「いつしか、子供は居場所が戦場にしかないと知った

あなたも好きかも:パチンコ あむず
そうして戦っていく内に……剣鬼と呼ばれるまでに至った」 灰色の双眸が炯々と光っていた

あなたも好きかも:高梁市 パチンコ店
 憎悪、憤怒、絶望……それらが綯い混ぜになって、瞳の奥で情念の炎を滾らせている

 タガネが拳を強く握った

あなたも好きかも:バーミリオン パチスロ
「もう他人なんざ信用しない

安寧の為にも、独りで生きていく」「……そう」「――その、積もりだった」 タガネが固い拳固を解いた

 力の抜けた顔でレインを見守る

「絆されちまった」「アンタらしくないわね」「ふん」 タガネは鼻で笑った

 この体たらくを、レインの存在に鉄則を破った醜態を自嘲する

過去の己が見れば、首を斬り落とされているところだった

「でも、ちょっとだけ見直した」 マリアが笑顔を咲かせる

 今日は槍でも降るのだろうか

――そう考えたのを悟られないよう顔を逸らす