スロット 懐かしい機種

スロット 懐かしい機種

終始のほほんとした小説ではなにも残りません

「対になる存在」が必要であることを確認し、人物(キャラクター)設定を進めていく

それだけで小説内の世界は大きく広がっていきます

 せっかく時間と手間をかけて書く小説です

あなたも好きかも:n1 パチンコ いわき市
広げないのはあまりにももったいない

 広げばこそサブストーリーを挟む余地が生まれます

単行本書き下ろしのつもりで三百枚の小説を書いても、人気が出ればサブストーリーで延々と物語を引き伸ばせるのです

前回指摘した「いつまで経っても終わらないマンガ」のパターンですね

あなたも好きかも:牙狼 パチンコ ゴールドストーム
それができるのも小説内の世界が広いことと無関係ではありません

あなたも好きかも:スロット ミルキー
分からない

何故私は剣を振るっている

 剣を振るうことの意味が分からないわけではない