パチンコ チャンネル

パチンコ チャンネル

「あなたにしてみれば、容易いことだったのでしょうが、つぎの試練を受けて戴くためにも必要不可欠なものと判断したのです」「ええ……別に不服はないわ

おかげで精神的成長を遂げられた気がするもの」「はい

あなたも好きかも:マジカルハロウィン スロット アプリ
あなたは間違いなく、この短時間で見違えるほどの成長を遂げましたよ」 オーロラストームのこの褒めちぎる言葉をそのまま素直に受け取っていいものかどうか、彼女は判断に迷った

あなたも好きかも:修羅の時 スロット
オーロラストームがファリアに迎合する必要性は皆無だし、彼女が無理して持ち上げているつもりもないことは明らかなのだが、だからといって、ここまで賞賛されるほどのことなのか、と想わないではない

 短時間で劇的に成長することなど、ありえない、という現実的な考えもまた、ファリアの中にあったからだ

 確かに、成長はしただろう

あなたも好きかも:ライアットスターズ カジノ
 それまで雷鳴が響き渡るたびにびくりとし、心の鎧を打ち破られ、あるいは心の砦すらも打ち砕かれていたファリアが、いまや物凄まじい勢いで降り注ぎ、轟き渡る雷の前でも一切動揺することがなくなっているのだ

難攻不落の精神城塞を作り上げ、維持することができるようになったのは、成長というほかない

 だが、それを劇的といえるかどうかは微妙なところだ

 もちろん、オーロラストームが褒めてくれることそのものは嬉しいことだったが

(……ああ、そういうこと) ファリアは、自分が何故感動もせず、むしろ疑念を抱いているのかについて、ひとつの答えを自分の中に見た

 それこそ、難攻不落の城塞が、精神的動揺から心を護っているからだ

 雷鳴や衝撃といった外の世界の現象だけでなく、オーロラストームの心からの賞賛さえも、不動の心で対応してしまっているのだ

そしてそれは、当然のことでもあった

 精神的動揺とは、なにも悪いことばかりではない

心が揺さぶられるような出来事すべてを指し示すことであり、つまり、嬉しいこと、喜ばしいこともまた、それに該当するのだ

つまり、難攻不落の精神城塞は、そういった出来事からもファリアの心を護ってしまうのであり、時と場合によって使い分けなければならないということだ

 ただ、いま現在この精神城塞を解けば、雷鳴の雨の中でのたうち回ることになるため、ファリアは、オーロラストームに悪く思いつつも維持することとした