化物語 スロット フリーズ確率

化物語 スロット フリーズ確率

「ど、どうしたんだよ……」マイカの頭の上のにゃからんてぃが、グッと腕を突き出して余裕だぜのポーズを震えながらしてから、マイカの腕の中へと落ちていく

「た、タカユキ……セイ様、何かとんでもない冒険をしてきたぞ」呆然とした顔のセイを遮って、マイカが「……別世界……飛ばされてた……こっちは……日数……経ってないな……」「別世界!?」マイカは頷いて「……歯ごたえ……あったぞ……」そう言うと、スガタの額にチョップして「……行くぞ……採用面接……だ……」と立ち上がったスガタに、ぐったりしているにゃからんてぃを預けボロボロのメイド服のまま、共に部屋から出て行った

セイはテーブルを挟んだ向こうのソファに寝転んで「……か、帰ってこられたのか……」と感動的な声を上げている

「あの、もしかして、俺の力で……」とセイについ言ってしまうと、セイはガバッと起き上がって俺を指さしてきて「そうだぞ!タカユキのスガタから吸収したエネルギーが仮想世界に反映されて それで、セイ様たちが飛ばされたとかみたいなこと言ってたぞ!」「なんかすまん……」「……セイ様は寛大な女なので、結婚一回で許してやる」それは無理なので話を誤魔化そうと「どこに飛ばされてたんだよ……」具体的な話を聞こうとすると、セイは頭をひねって「……あれ、今まで覚えてたんだが……」不思議がりだした

多分マイカが気を使ってセイの記憶を消したとかそんなだろうなと思いながら、しかし俺のエネルギーが今度は自分だけでなくて、仲間にまで及んだのか……

これ、今後、全力だして戦っていいんだろうか……

とかなり不安になる

「いや、ほんと、どこ行ってたのか思い出せないのか?」「……うーん……わからんな

あなたも好きかも:天元突破グレンラガン パチンコ 評価
 どっか行ってたのは覚えているが」セイは完全に記憶が飛んでしまっているらしい

あなたも好きかも:チティー・バン
ボロボロの服のまま、酒を機嫌よく飲み始めた

あなたも好きかも:パチスロ 喰霊-零-
この調子だときっと、マイカとにゃからんてぃもダメだよな……恐らくセイの記憶を消したのはあの二人だし教えるつもりはないと聞かなくとも分かる

「とりあえず、着替えたらどうだ?」「……眠い」セイはコップを持ったままソファで寝入ってしまった

マイカたちに今度会ったら、謝っとこう

と思いながら、セイの手からコップを取ってテーブルに置く

予想外ではないが、少しショックだ

マイカとにゃからんてぃでも制御できないようなエネルギーだったんだろうか

自分も何度か平行世界に飛ばされているし俺は、どうなってしまうんだろう