テレビゲームの長所と短所

テレビゲームの長所と短所

目を凝らしても食事に何が入っているか、それを把握することは普通の手段ではできない

あなたも好きかも:ビーズロット
公也なら魔法で何とかできなくもないと思われるが、それはそれで面倒というか魔法に必要な要素が多すぎる

さすがに食事内の物質の把握などは無理だ

しかし公也には<暴食>がある

どのような危険があるかはわからないが、毒であるならば……と考え<暴食>で中に入っている可能性のある毒物を食らう

とりあえず毒の要素は一切入っていない、というわけではない

基準次第ではアルコールもまた毒である

ただ、何か効果のある毒、致死量の毒や麻痺毒のような毒は入っていない

まあそういった毒が入っていたとしても毒物であるかどうかの把握は公也の知識に頼るので公也の知らない、今まで<暴食>で食らったことのない毒物であればわからない

 ともかく、とりあえず毒は入っていない、という結論になった

メルシーネの方を公也軽く見やり毒を入っていないと言葉に出さずに伝える

あなたも好きかも:ゼーガペイン スロット 設定判別
メルシーネはそれに頷き公也とともに食事に手を付ける

「どうでしたかな、村の中は」「……そうだな

特に何とも言えるようなものはないが、やっぱり住んでいる住人が珍しく感じる」「珍しいですか」「一般的な村より人が多く、そのうえその人物は戦闘能力が高いだろう人物が多い

人が集まるにしてもそういった人物ばかり、というのは珍しいと思う」「そうですか」「そもそもこの村はどういう村なのです? 何を目的にしてここに住んでいるかもわからないのです

森の中で過ごしているだけ、にしてももっと人のいるところに移動してもいいのです

ここまでして村を森の中に作る意味はあったのです?」「我々はここに来た、集まった、だからここに住んでいるにすぎないのです

人のいるところに移動することも考えなくはありませんが、無理に行う必要もありません

しかしいずれはそうすることも必要になるかもしれません