石狩 パチンコ コンコルド

石狩 パチンコ コンコルド

 シャトーヌフ森(シャトーヌフの西側に現在も延びる森林)の西側を野営地に指定された諸隊は、すっかり暮れた闇の中、不気味な森の中の小路を行く羽目になりますがここで仏軍と遭遇してしまいます

 この少し前の夕刻、B猟兵第4大隊はシャトーヌフの森西側のサン=メックム(=オトリヴ

シャトーヌフの西4.4キロ)で約2,000名と見積った仏の連隊クラス部隊と遭遇して、数倍する敵を果敢に攻撃しました

仏軍はたちまち部落を棄て西へ敗走しますが、ジョドゥレ(サン=メックムの西南西4.2キロ)を経ての退却中、今度はB猟兵第2大隊に遭遇して側方から銃撃を浴び、恐慌状態となってしまいには潰走となりました

逃げ遅れた兵士たちはB猟兵たちに捕縛され、およそ260名の捕虜と武器、装備品がB軍の戦利品となったのです

あなたも好きかも:パチンコ演者 給料
 同じ頃、別の仏護国軍部隊がB軍前哨の隙を見つけてシャトーヌフ森の東縁まで進みましたが、これはシャトーヌフ西郊外に野営しようとしていたB猟兵第9大隊に発見され、護国軍部隊は短時間の戦闘後西へ敗走して行きました

 「大公軍」左翼(南西)においてはこの日、普騎兵第4師団がティヴァール(シャルトルの南南西8.1キロ)から命じられたボヌヴァル及びイリエ=コンブレへ向け前進しますが、それぞれの市街地郊外で仏軍の守備隊に遭遇し、これを騎砲によって駆逐しました

しかし、イリエ=コンブレでは砲撃後、下馬した竜騎兵2個小隊が市街地へ入ろうとすると仏軍は激しく抵抗し、追い出すことが出来ません

師団長の王弟ハインリッヒ・アルブレヒト親王は騎兵だけでは両市街の占領は無理と断じ、師団はノジャン=シュル=ウールとダマリー(それぞれシャルトルの南西11キロと南12キロ)に向かって背進し宿営するのでした

普驃騎兵と仏護国軍兵の戦い※普第17師団・戦闘序列(1870年11月16日) 師団長 グスタフ・カール・ベルンハルト・ティーロ・フォン・シンメルマン中将(疾病のため降板) 代理師団長 ヘルマン・ハインリッヒ・テオドール・フォン・トレスコウ中将(大本営付・軍事内局長官) 参謀士官 フィッシャー少佐 副官 フォン・バルルゼック大尉(工兵)/フォン・リヴォニウス中尉◇第33旅団 男爵フーゴ・カール・エルンスト・フォン・コトヴィッツ少将○第75「ハンザ第1/ブレーメン」連隊 ヴィルヘルム・マクシミリアン・カール・フィリップ・マルテイン・アダム・フォン・デア・オステン中佐○第76「ハンザ第2/ハンブルク」連隊 フリードリヒ・フェルディナント・ルドルフ・フォン・ノイマン大佐◇第34「メクレンブルク大公国」旅団 ルドルフ・カール・ハインリッヒ・エンゲルハルト・フォン・マントイフェル大佐○擲弾兵第89「メクレンブルク」連隊 エヴァルト・クリスティアン・レオポルト・フォン・クライスト大佐○フュージリア第90「メクレンブルク」連隊 エドムンド・ヨセフ・デヤニッツ=フォン・グリスティンスキー大佐 ※第2大隊は11月18日からトゥール(Toul/ナンシーの西20キロ)より本隊合流に向け行軍中(12月8日帰着)*猟兵第14「メクレンブルク」大隊 フランツ・フォン・ギザ少佐◇騎兵第17旅団 アルフレート・ボナヴェントゥラ・フォン・ラウフ少将○竜騎兵第17「メクレンブルク第1」連隊 アウグスト・パウル・フォン・カールデン大佐 ※この時ランス占領地総督府配下

11月27日に旅団へ復帰○竜騎兵第18「メクレンブルク第2」連隊 エルンスト・フォン・ラーテノウ中佐○槍騎兵第11「ブランデンブルク第2」連隊 伯爵カール・アウグスト・アダルベルト・ツー・ゾルムス=ウィルデンフェルス大佐◇師団砲兵/野戦砲兵第9「シュレスヴィヒ=ホルシュタイン」連隊・第3「メクレンブルク」大隊 コッセル少佐○重砲第5,6中隊○軽砲第5,6中隊*野戦砲兵第9連隊・騎砲兵第1,3中隊*第9軍団・野戦工兵第1中隊(付・野戦軽架橋縦列) リリー大尉*第9軍団・第2衛生隊*野戦砲兵第9連隊・弾薬縦列中・第4,5砲兵弾薬縦列・第3,4歩兵弾薬縦列*輜重兵第9「シュレスヴィヒ=ホルシュタイン」大隊中・独立馬厰・野戦製パン縦列・第1,4,5糧食縦列・第7,8,9野戦病院  普第17師団戦力計 歩兵大隊13個・騎兵中隊12個・砲36門・工兵中隊1個1870年のプロシア軍フュージリア兵ドライゼ銃(着剣/上)と同フュージリア銃(下) 普軍の歩兵連隊中、第33~40と73、80、86、90の12個連隊、そしてザクセン軍の第108連隊はこの普仏戦争中「フュージリア連隊」を名乗ります

同時に各歩兵連隊と擲弾兵連隊(第1~12)の「第3大隊」も「フュージリア大隊」(擲弾兵第89とザクセン軍の擲弾兵第100、同101連隊は「第3大隊」)とされました

あなたも好きかも:パチスロ ジョー
因みに歩兵連隊の第1と第2大隊は「ムスケーティア(マスケット銃士)大隊」と呼ばれ、第1~12擲弾兵連隊の第1と第2大隊は「グレナディーア(擲弾兵)大隊」と呼ばれましたが軍装や記章の違い程度で「中身」は同じ「ライフル(ドライゼ)銃を持つ戦列歩兵」でした