石神井公園 ミリオン パチンコ

石神井公園 ミリオン パチンコ

そうなれば他の拠点からも守備隊を派遣する羽目になるから、その拠点の守備隊が一気に弱体化する

その隙に攻撃して突破するつもりなのかもしれない」 ちらりと隣を見ると、ポニーテールを指で弄っていたラウラが微笑みながらこっちの顔を見上げていた

「頼もしいね、タクヤって」「そりゃどうも」「じゃあ、ブレストの守備隊を増やす?」「いや、本当にダムを攻めてくる可能性もあるから、守備隊の配置はそのままだ

あなたも好きかも:パチンコ 天才バカボン6
ブレストの方は塹壕を増やして対応しよう」 奴らの攻勢は、何としても撃退しなければならない

 そうしなければ、メサイアの天秤を消し去ることはできないのだから

タンプル搭の飛行場は、地下にある

 通常の飛行場であれば地上に滑走路や管制塔を用意し、そこに航空機を着陸させるのだが、タンプル搭の場合は36cm要塞砲やタンプル砲を発射した際の衝撃波でヘリポートや滑走路が破損する恐れがあるため、衝撃波の影響を受けない地下に飛行場があるのだ

あなたも好きかも:パチンコ 循環加工 依頼
 要塞の周囲を囲む岩山の地下に作られた滑走路は、壁や天井の誘導灯で常に照らされており、出口付近はアドミラル・クズネツォフ級のスキージャンプ甲板のような形状になっている

外から航空機が発信する瞬間を目にすれば、まるで航空機が砂の中から飛び出してくるように見える事だろう

 空爆による攻撃から滑走路を守ることもできるという利点もあるが、着陸の際の難易度が非常に高いという欠点があり、他の拠点に所属するパイロットたちはよく「タンプル搭でパイロットはやりたくない」と言うらしい

 その着陸が難しい地下の飛行場へと、続々と戦闘機が降り立つ

 タンプル搭ではロシア製の戦闘機を運用しており、Su-35やSu-27が飛び立つ姿はよく見かけるのだが、降り立ってきたその戦闘機の群れは、タンプル搭で運用されている機体とは違う形状をしている

あなたも好きかも:緑ドン スロット アプリ
 特徴的なのは、小柄な機体から伸びるカナード翼とデルタ翼だろう

一見するとアーサー隊で運用されているユーロファイター・タイフーンを彷彿とさせるが、機体の後ろにあるエンジンのノズルは1基のみだし、機体もユーロファイター・タイフーンと比べると小柄である

 タンプル搭の飛行場へと無事に着陸したその戦闘機は、スウェーデンで開発された『ビゲン』と呼ばれる小型の戦闘機たちだ

最新の戦闘機と比べるとやや旧式と言えるが、汎用性が高い戦闘機の1つである

 そのビゲンたちの群れの中に、2機だけ形状が異なる機体が紛れ込んでいる

ビゲンのようにカナード翼とデルタ翼が搭載されており、エンジンのノズルも1基のみだけど、ビゲンと比べるとすらりとしており、別の機体であることが分かる