brave10 パチンコ

brave10 パチンコ

敵も棘や砲弾を撃ち返したり、戦車の影に隠れて弾幕から身を守ろうとするが、戦車に隠れて正面からの攻撃を防いで安堵して老いるホムンクルスたちに、今度は迫撃砲から放たれる正確な砲撃が牙を剥く

 立て続けに砲弾が落下し、戦車の影に隠れたホムンクルスたちが餌食になっていった

正面からの攻撃を戦車で防いでも、真上から降り注ぐ迫撃砲にはノーガードだ

あなたも好きかも:バジリスク スロット 3
 中には真上に向かって射撃し、落下してくる砲弾の迎撃を試みる歩兵もいたけれど、真上に銃口を向けている隙に重機関銃の餌食になるか、後続の戦車にお構いなしに踏み潰され、湿った音を奏でながらグチャグチャにされていった

あなたも好きかも:スロット 四号機とは
 スコープを覗き込み、照準を合わせてからトリガーを引く

左腕を盾に変形させながら接近してきた敵兵の胸を盾もろとも貫いた14.5mm弾は、ひしゃげた状態になっても圧倒的な運動エネルギーを維持したまま背中から飛び出すと、後続のホムンクルスの胸を穿ち、さらに後方のホムンクルスの左からを貫いてしまう

 周囲は薄暗いが、砲弾の爆炎のおかげでそれなりに明るくなっているので、狙撃するのは難しくない

暗視スコープを使うのはもっと暗くなってからでも大丈夫そうだ

 すると、ラウラがゲパードM1から23mm弾を放ち、敵の戦車の砲塔の付け根へと撃ち込んだ

本来なら12.7mm弾を1発だけ装填するハンガリー製のアンチマテリアルライフルなんだが、彼女の要望で使用弾薬を23mm弾に変更されたラウラのメインアームは、延長された銃身とでっかいマズルブレーキのせいで、アンチマテリアルライフルというよりはちょっとした”対戦車砲”に見える

 グリップを捻ってから後方へと引き、薬莢を排出するラウラ

新しい弾丸を装填してからグリップを押し込んで再び捻り、2発目の弾丸を放つ

 それが命中したのは――――――先ほど砲塔の付け根に被弾した戦車だ

しかもさっきと全く同じところに2発目の弾丸が命中したらしく、敵の戦車は砲塔の付け根からピンク色の血を流しながら砲塔を痙攣させた