パチスロ 北斗の拳 強敵 感想

パチスロ 北斗の拳 強敵 感想

畏怖こそあれど、大半は歓喜に基づくものだ

ルクスの本気を目のあたりにすることができるのは、喜ぶべきことだろう

「人間にこだわり続ける限り、おまえの強さはここで頭打ちなんだ」 ルクスの言葉には、説得力があった

「人間には限界がある

生物としての力の限界がな

こればかりを致し方がない

あなたも好きかも:vプリカ 電子マネー チャージ
どんな生物にも限界があるんだからな

その限界を越えるには、その生物であることを諦めるしかない

人間ならば人間を、鳥獣ならば鳥獣を、怪物ならば怪物を」 ルクスは、おそらく人間という生物の中で最強の存在といっても過言ではあるまい

彼は、召喚武装の有無に関係なく、強者だった

凄まじい膂力、動体視力、反射、速度、どれを取っても超人と類別するべき領域に足を踏み入れており、それに加え、竜の呼吸を体得している

ルクス以上の人間となるとトラン=カルギリウスくらいのものだろうが、そのトランをして天才といわしめたのがルクスなのだ