花の慶次 スロット ボーナス終了画面

花の慶次 スロット ボーナス終了画面

 以前はこれで落ち込みもしたが、今はそれを受け入れるくらいの余裕はある

「ああ、降りるのか」 乗れば降りるのは当然の事

 今度はステップのスピードを体感出来ているので、ステップが水平になった所でエスカレーターを難なく降りる

 難なくという感想に、今の自分の状況が現れている

「……エレベーターもあるのか」 少し歩いたところでドアが開き、そこから人が降りてきた

   こちらはさすがにタイミングも何もなく、それこそ目を閉じていても大丈夫なくらい

あなたも好きかも:ミスティーノカジノ 稼ぐ
 ただそれに気付かなかったのは、視力が低下して見えていなかったから

 ショウは私に掛かりきりで、周りに意識を向ける余裕もなかったんだろう

あなたも好きかも:龍が如く スロット ブログ
 いいけどね、無事に降りられたし

 その余裕が出てきたところで、周りにも意識が向けられるようになってきた

「……あれ、誰」「誰って、誰だ」「あそこ

階段の所」 ぼやけた視界の中に見える壮年の夫婦

 品の良い、落ち着いた雰囲気の

 見覚えのあるというよりは、誰かに似た容姿

「誰だろう?」「そういえば、見た事あるな」 年齢からして、誰かの両親

 記憶にはあるので、間違いなく自分の知り合い

 ただ思い出せないのは、普段会っていないから