横須賀中央 スロット店

横須賀中央 スロット店

「絶対いるのにっ

あなたも好きかも:川口 パチンコ k1
私だけじゃないのにっ」「小学生やったらおるかもな」 一平は素っ気なく答えると、開け放たれたそこからベッドに近寄り、バフッと座り込んだ

「お、フカフカや」「うん

フカフカが好きだから、フカフカにしてもらってるの

あなたも好きかも:ミナミ カジノ サボテン
前はウォーターベッドにしたことあったんだけど……、やめた」「……、なんとなしに想像付くから理由は聞かんといたる」 真顔で気遣うと、「……何も聞かないで」と優樹はがっくり頭を落とす

 一平は「ほぉーん」と、ベッドの上で腰を弾ませながらぐるりと見回した

あなたも好きかも:鬼神 スロット
「せやけど、こんな広ぉて怖ないかぁ?」 室内は十畳程の広さがあるのに、そこにポツンとベッドがあるような状態だ

 優樹はナガレを抱き直すと、「んー……」と見回した

「そうかな

……これが普通だから」「オレやったらめっちゃ寂しぃなるわ

一人でこんなトコに寝るンやったら電気付けっぱなにせんと無理や」「結構恐がりなんだね」 愉快げに笑われて、「うっさい」と一平は睨んだが、少し辺りを見回すと、ナガレの足下を確認する優樹をじっと見た

「……なあ」「ん?」「流はここに入って来たか?」 特に表情もなく問われ、優樹はキョトンとしていたが、「うん」と頷き掛けてハッ! と目を見開き、頬を赤くして目を据わらせた

「……なにそれ?」「ここに来たか?」「……

なんで?」「エエやん

教えてくれても」「おーしーえーまーせーんーっ」 頬を膨らませると、ナガレの腕を掴んで伸ばし、柔らかい手で一平の頭を叩く

 一平はベッドの端に座ったまま優樹を見上げていたが、ナガレの腕を掴み支える彼女の腕を掴むとグイッと引っ張った

突然のことに受け身も取れず、優樹は目を見開き「キャッ!」と声を上げ、引っ張られるままバフッと俯せでベッドに倒れて携帯電話を手放してしまった