パチンコ 戦国乙女花

パチンコ 戦国乙女花

エマが満足するには十分過ぎるモノがあった

「確かにそうだな

この宿の内装は分からないが、外見は良い

この調子なら普通に中も綺麗だろう」「うん

全体的に丁寧な造りだし値は張りそうだけど快適に過ごせそう……」 そんなエマに同意するよう頷くフォンセ

体調を戻した? レイはそれを見上げて呟いた

 こうして、レイたちは宿泊用の宿を見つけたのだった

*****「お、来たぞ!」「本当だ! おーい!」 ライは額《ひたい》に手を当て、歩いてくるレイ、エマ、フォンセの三人を見つけた

キュリテも三人を見つけ、レイたち三人に向けて手を振る

あなたも好きかも:豊川コロナ パチンコ データ
「おーい! ライー! リヤンー! キュリテー!」 そんなライたちに向け、手を振るのはレイ

あなたも好きかも:オンラインカジノ 運営方法
エマとフォンセは手を振りはしないが小さく手を挙げた

「どうだった? 此方は上々だ」 そして六人は合流し、先ずはライがレイたちに収穫を尋ねる