烈火 の ほ の う パチンコ

烈火 の ほ の う パチンコ

あなたも好きかも:ダンまち スロット 出ない
 思いがけずに連勝記録がストップしてしまった陽滝は、頭の中で酷く困惑する

 あ、れ……? 負けた? それも、この『私だけの靄』で、私が……? 自分の知らない『魔の毒』の干渉手段があることに驚くよりも、敗北の衝撃のほうが強かった

 軽んじていた兄が、自分の知らない方法で自分を上回った

 それも自分の最も得意とする『魔の毒』という分野で

 それが、なぜだか、陽滝にとっては、妙に……嬉しかった

 両親に失望したことで、寂しさを拭い切れなかった彼女は、ただ単純に嬉しくて、聞き返していく

あなたも好きかも:777next パチンコ 勲章
「私に、負けない……んですか?」「絶対に負けない! いつか必ず、おまえは僕が倒す!」 その宣言を応援するように、『切れ目』から『魔の毒』が流入していく

この場の『魔の毒』が、無意識ながらも渦波によってコントロールされていた

 その仕組みの最終確認も含めて、妹は兄にお願いする

「あの、もう一度声に出して……

あなたも好きかも:キン肉マン スロット 糞台
ええっと、『約束』を……、してくれますか?」「何度も言わせるなよ! 僕はおまえの兄で、おまえは僕の妹だ! だから、おまえには絶対に負けない! そう、さっきから言ってるだろ!!」 『兄だから、負けない』

 そう渦波が誓って、それを『切れ目』が『魔の毒』で応援していく

 陽滝とは方法が全く違うけれど、確かに兄も『魔の毒』を操っていた

 その状況に、陽滝の頬は緩む

「ふ、ふふっ、ふふふふ――」 このとき、陽滝は人生で初めて『血の繋がり』を感じていた

 そして、安心もしていた