セイクリッドセブン スロット 鬼 前兆

セイクリッドセブン スロット 鬼 前兆

光も届かない地の底で、訓練という名の殺し合いをしていた

あたしは生き延びるのに必死だった

わけもわからないまま死にたくなんてなかったもの

必死で戦って、戦い抜いて、ようやく陽の光を浴びることができたのが、あなたたちと戦う少し前のことよ」「魔龍窟……」「十年、そこにいたのよ」 本当のことを告げると、彼女もさすがに驚いたようだった

「十年も……!」「あたしは十六歳のころ、魔龍窟に投げ入れられた

それから十年間、闇の中で、陽の光だけを追い求めていたわ

でも、不思議よね、実際に日光を浴びると、最初のうちは嬉しくてたまらないんだけど、すぐに慣れちゃった」 十年ぶりに目の当たりにした太陽はまぶしすぎて、灼かれるかと思うほどだったのを鮮明に覚えている

青白かった肌は、数日の間に日に焼かれ、血色の良い健康体とでもいうべきものに近づいたのは喜ぶべきことだろう

蒼白のままだったら、セツナに嫌われたかもしれない

(いまでも好かれているとは思えないけどさ) 実際のところ、彼にはどう思われているのだろう

あなたも好きかも:下呂 パチンコ g1
 殺し合ったばかりの相手が、急に馴れ馴れしく接してきたことに困惑しているのは間違いない

迷惑だとさえ感じているかもしれない

嫌われたくはない