パチンコ 遊べる

パチンコ 遊べる

文によると手加減していたそうなのだが、実際はどれくらい加減していたのか定かではない

あなたも好きかも:スロット ゴッドイーター 期待値
体がしびれる程度のものであればいいのだがと康太は若干この魔術師が哀れに思えていた

あなたも好きかも:ゲーム機 ハード
もっともそれも一瞬だ

あなたも好きかも:必殺仕事人 パチンコ 総出陣
自分たちの旅行中に面倒を起こすという非常に厄介なことをしてくれたのだからこうなって当然だという気持ちが沸々と湧いてくる

むしろもう少ししっかり殴っておけばよかったとさえ思えてくるから不思議である

とりあえず康太はこのことを師匠である小百合に報告しようと携帯を手に取る

文との通話を終了して小百合へ電話を掛けるべくコールを始めると、数回のコール音の後に小百合のけだるそうな声が聞こえてくる

「もしもし師匠ですか?今大丈夫でしょうか?」『電話をかけてきたという事はひと段落したという風に受け取ったほうがいいか?それともまた別の面倒事か?』「いえ、問題なく件の魔術師は討伐できました

今ベルが方陣術を解体してます」その言葉に向こうから小さくため息が聞こえる

恐らくは安堵の息だろうか、それとも時間がかかったことへの溜息か、どちらにしろ状況が終わったことを小百合は正しく認識した様だった

『なるほど、上出来だな

しっかりと相手は無力化したんだろうな?』「えぇ、ベルと合同で叩き潰しました

今はお休み中です

あとは協会の人間が回収してくれればいいんですけど・・・」『そうか・・・とりあえず御苦労だった

ジョアの奴も心配していた、あいつにも声を聞かせてやれ』大学の関係で今回足を運ぶことができなかった兄弟子である真理もどうやら心配してくれていたようだ

相変わらず自分の味方は兄弟子だけだなと認識しながら康太は通話を切って真理の方に電話を掛けることにした

「もしもし姉さんですか?」『康太君ですか?大丈夫ですか?怪我したりしていませんか?』どうやら相当心配してくれたようだ

第一声が怪我はないかというものであるあたり康太がどういう行動に出るかをおおよそ予測していたのだろう