大工の源さん スロット やめどき

大工の源さん スロット やめどき

おまえら奉仕屋のくせにチンタラしやがってっ」 また元に戻った怒り様に、優樹は少し目を見開いて首を縮め、立花と一平はじっとりとした目で彼を振り返った

「おまえらのせいでオレまでこうなったんだからな

なんかあったときはおまえらを訴えてやる」「手錠の相手に選ばれたおまえにはなんの落ち度もない言うんか? エライ勝手やの」「決まってるだろ

あなたも好きかも:スロット 抽選 朝
反町と関わったせいだ

あなたも好きかも:パチスロ まどマギ うらぼ
その反町を腑抜けにしたこいつのせいだ!」 ギロッと睨み下ろされた優樹は「うっ……」と息を詰まらせて俯き、極力伏見とは目を見合わさないようにする

あなたも好きかも:バカラ 東京
腑抜けにされたのは間違いない

優樹が好きだから》 聞こえている会話に反応する反町に、優樹は顔を赤くするだけ

 伏見も演技をしているだけだということはわかっている

彼に合わせて、怯えている風にした方がいいだろう

――怒鳴られるとそれでも怖いから、やはり演技の必要はないが

 教室に着くと立花が先にドアを開け、中に入って見渡すと――みんながぐったりとしていてギブアップ寸前になっていた

戻ってきた彼らを疲れ切った表情で振り返ると、まずは洋一が、「……優樹ちゃーん、ご苦労さーん」と、手を振り労う

感情の籠もっていない単調な言葉に優樹はムスッと頬を膨らませ、伏見と一緒に椅子に腰掛けた

「大丈夫?」 虚ろな目をしながらもため息混じりに背中を撫でる隣の生美に、優樹は頬を引き攣らせて笑った

「う、うん……、なんとか……」「かわいそうに