化物語 スロット 音楽変更

化物語 スロット 音楽変更

 だが、セツナは、そうならなかった

あなたも好きかも:北斗の拳 ユリア パチンコ
魔王の言葉が持つ強大な力をしっかりと把握しながら、しかし、階段を上る足を止めないのだ

「この絶望に満ちた地獄では、おまえのような存在はあまりにも眩しく、目に痛い」「だったら、さっさと諦めて俺に力を貸してくれよ

そうしたら、まあ、なんとかしてこの地獄を出て行くからさ」「我に諦めろ、と」「ああ

あなたも好きかも:エピフォン カジノ 重さ
俺が諦めない以上、あんたが折れるしかないからな」「まったく……おまえという奴は」 魔王が呆れ果てたようにいった

「我をだれと心得る」「カオスブリンガーだろ」 セツナが即答すると、さすがの魔王も嘆息するほかなかったようだ

その表情には、セツナに対する呆れがたっぷりと刻みつけられている

依然、威厳に満ちた様子ではあるのだが、どうにもセツナには、その威厳と圧迫感が通用しないらしい

「それはおまえがつけた名だ」「だが、あんた自身が名乗った」 セツナが告げれば、魔王は、虚を突かれたような顔をした

その表情に親近感を抱くのは、不遜だろうか

「確かに、そうだよねえ」「まったくだ」「こいつぁ、一本取られましたな」 眷属たちが口々に笑いながら囃し立てると、さすがの魔王もバツが悪くなったようだった

「だからなんだというのだ」「カオスブリンガーは、俺と契約してくれたんだろ? だから、俺の召喚に応じ、力を貸してくれた

あなたも好きかも:あアルドノアゼロ スロット
そうだよな」「そうだ

我は我を呼ぶおまえの声に応じ、おまえとの魂の契約書に署名した

そのときより、我とおまえは、魂の結びつきを得たのだ」「魂の結びつき……」 セツナは、彼のその言葉を反芻しながら、胸に手を当てた

心臓に魂が宿っているというわけでもないだろうが、つい、そうしてしまう

そして、鼓動を聞き、顔を上げる