日立 スロット 設定

日立 スロット 設定

「僕が勝ったら、二度と顔を見せないこと」「構わん

だが、決闘の内容は当然、一対一の試合だぞ」「ええ、僕もそのつもりで話してました」「いい覚悟だ

ふふ、表に出ろ」 その一言で、僕の背後に並んでいた騎士たちは道を空ける

 僕は立ち上がり、その空いた道を進もうとする

あなたも好きかも:モグモグ スロット やめ時
周囲から僕を心配する視線が飛ぶ

そして、ウェイトレスをしながら、僕の話を盗み聞いていたリィンさんが僕に声をかけようとする

それを、僕は先に断った

「キ、キリスト君――」「大丈夫です、リィンさん

いましがた決めた通り、最悪でも殺されません」 店長にも周囲のお客にも聞こえるように、僕はリィンさんに笑顔で答える

「そ、そうかもしれないけど……

気をつけてね、キリスト君……」 僕はリィンさんに心配されても、笑みを崩さない

 なにせ、これは悪い事(イベント)ではない

あなたも好きかも:スロット 動画 ワサビ
 むしろ、良い事(イベント)なのだ

 ずっと気になっていたことだ

 人類が手をこまねいていたというティーダを僕は倒した

 その僕は、いま人類の中のどのあたりに位置するのか……

 そこに都合良く現れた20レベル台の人間

 いまは激昂しているが、礼節と人道を大切にしていそうな人格は美味しい