東京 カジノ プロジェクト アカウント

東京 カジノ プロジェクト アカウント

「一応言いたいことがあるなら聞くぞ」「私にもエクドイクさんと同じ事ができませんか?」 ふむ? ほう、ほうほう

 以前エクドイクと何かあった際に対抗心でも燃やしたのか、そもそもラクラに燃える心があったのか

 難易度としてはエクドイクに任せるのが手っ取り早いがある意味では単純作業、ラクラにもできる事だしな

 本来の狙いのついでにこちらも少々手を加えるのも悪くない

「良いぞ、エクドイクと分担できるならその分エクドイクの負担も減る

ただしミクスの負担はちょっと増えるからな」「私は構いませんぞ! ラクラ殿がやる気になるなんて流れ星を見つけるよりも滅多にないことですからな!」「何か引っかかりますが、ありがとうございますミクスちゃん!」「……ふん」 対するエクドイクは興味なさそうな素振りを見せているがあの様子だと内心燃えていそうだな

 まあ非常に地味な作業になるのだが……言わないでおこう

◇ 蒼の魔王の居城、蒼の魔王は人間への侵攻を開始したにも拘らず憂鬱そうな顔で黄昏れる

 そこに現れたのは少年姿のラーハイト

「戦況を少しばかり見て来ました

あなたも好きかも:エヴア10 パチンコ 朝一
見事に拮抗状態ですね」「そんなこと言われなくても分かるわよ……嗚呼、死にたい……」「それにしても何故中央の防壁を一点集中といった策を取ったのですか? 数を展開すれば各地での混戦に持ち込めたでしょうに」 ラーハイトはワザとらしく首を傾げて見せる

あなたも好きかも:鈴木奈々 パチンコ 営業
 少年の姿とは言え、可愛らしさなど微塵もない

あなたも好きかも:テーブルゲーム 遊戯
 蒼の魔王はそんな質問に溜息をつきながら気怠そうに答える