スロット 押す番長 サラリーマン

スロット 押す番長 サラリーマン

あなたも好きかも:スロット ポロリ
大丈夫?」「……」 返事がない、ただの屍のようだ

「一斗様、いかがないましたか!?」「……」 返事がない、ただの屍のようだ

あなたも好きかも:スロット 絶対支配者 狙い目
「梓ちゃん、平気平気

ちょっと疲れただけよ♪ ねっ、一斗?」「……何が……ちょっと……疲れた……だけだ」 ようやく返事のあった一斗に、ほっとする梓

 ティスティは苦笑いしているが、マイはなぜかスッキリしている

「あいつらめ……今度会ったら……ただじゃあ……済まさない……ぞ」バタッ

 なぜこんなに一斗が疲弊しているのかというと、話はカリストロに戻った昼間に遡る

 ……………… ………… …… 一斗たちを乗せた場所が城の前まで辿り着くと、そこにはそうそうたるメンバーが揃っていた

 リンドバーク帝国宰相リハクと、執務官であるマヒロ・チヒロ姉妹

 クレアシオン王国女王ソニアと、親衛隊長のライン、総大将のレオナルド

 2大国家の重鎮達がわざわざ出向いてくれたのである

 他にも一斗と縁のあるユーイ、シェムル、ナターシャ

 それに、ケインやシーナとレイ班、エルク班の新兵6人も集まっていた

あなたも好きかも:ポーカー キャッシュゲーム アプリ
「やあやあ、出迎えご苦労!」 シ~ン……(一度言ってみたかったんだよな、このセリフ)「心配したぞ、この野郎! よく無事に帰ってきたな」「お〜、ライン

久しぶりだな! まぁ、なんとか五体満足で帰ってこれたよ」「一斗」「一斗軍団長!」「一斗さん!」 静まった雰囲気を変えるように、ラインが駆け寄り一斗と握手すると、フリーズしていた面々が一斗に駆け寄った

「さすが、一斗」「師匠の弟子で良かったです!」「さぁ、歓迎の準備は出来ています! 早く中へ!」 こぞって一斗を歓迎し、手厚く出迎えてくれたことに喜びに浸っていた――次の瞬間が起きるまでは

「どこへ行っても人気者ね、さすが私の一斗♪」 そう言いながら次に馬車から降りてきたマイは、一斗の右腕にしがみつく

「「「……」」」 先ほどとはまた別の沈黙が、周囲を覆う

「一斗様、私もお供させてください」 マイに続いて降りてきたのは、鬼徹たちのメイド役として同行した梓