鶴見 駅 パチンコ

鶴見 駅 パチンコ

 言いたい事は分かるが、今更戻るのもかなり虚しい

あなたも好きかも:初心者 パチンコ おすすめ台
 何より今は、無駄なほどの開放感を味わっている

 お昼休みにも思ったが、やっぱり外に出て正解だ

「帰ろうか」 とうとう口に出した

 勿論頷く事はなく、スティックを抜いて廊下の行く手を示す

「帰らないの

あなたも好きかも:shield ゲーム機
もう終わるから」「こんな時間に暴れるなんて、相当の馬鹿だぞ」 彼が示したのは腕時計

 終業時間の少し手前で、確かにそれは通り

 ただ彼が言うように馬鹿なら、終業時間も何も考えないだろう

「大体……」 大きな笑い声にかき消される彼の声

 廊下は依然として、人の姿はまばら

 どうやら教室のドアから、声が漏れてるらしい

「仕事だな」 軽く肩を回すショウ

 不満は一言も聞かれず、そのまま忍び足で壁に沿って歩きながらドアへ張り付く

 中を覗き込んだ彼が、手の平をこちらへと向けてきた

 つまり、5人いるという事か

「応援でも呼ぶ?」 気のない口調で尋ねるサトミ

 その必要もないと分かってはいるが、ここは正確に言えば私達の管轄外

 つまりここを管轄するガーディアンは別に存在をするので、彼等の頭越しに行動する事になってしまう