パチンコ ボーダー 甘い 2017

パチンコ ボーダー 甘い 2017

 サラサは、クラウンでそれなりの地位についているため、そのサラサが仕えることになる人物ということで考助が注目されることになるかもしれないが、真実を知られるよりははるかにましなのだ

あなたも好きかも:ブラックジャック 二つの愛
 考助とサラサが直接対面するのは、加護を与えたとき以来のこととなる

 未だに緊張した面持ちのサラサに、考助が笑顔になって言った

あなたも好きかも:名駅 パチンコ
「もっと楽にしていいんだよ? それから、その『コウスケ様』はやめてもらったほうがいいかな?」「え、ですが、そういうわけにも・・・・・・」「いや、そもそも僕がこの家に来るときは、『コウスケ』ではないからね」 せっかく女性たちが変装をしてまでこの家に来ているのに、考助の名前でばれてしまっては、全く意味がなくなる

 コウスケ、という名前は、この街にはまったくいないわけではないので、すぐに塔の管理者として結び付けられるわけではないのだが、考助としては念には念を入れたい

 そうした考助の考えが分かったのか、サラサが困ったような表情になった

 彼女にとってみれば、考助は奴隷である自分の人生を救ってくれた恩人であり、また加護を与えてくれた(くださった)信仰の対象でもある

 そのサラサに助け舟を出すように、シュレインが肩をすくめながら言った

「名前を呼ばれるのがまずいのじゃろ? だったら、ご主人様あたりでいいのではないかの?」「いや、ちょっ、まっ・・・・・・!」「そうですね

それでは、今後は、ご主人様とお呼びします」 慌てて止めようとする考助の声にかぶせるように、サラサがそう言いながら納得したように頷いた

 主人となる考助の言葉にかぶせるのは、本来不敬になりかねない行為だが、サラサがあえてそうしたのは、これ以上は譲れないと主張する意味もある

 場合によっては(物理的にも)首を切り捨てられる行為であるが、考助がそんなことをするはずもない

 それに、考助が何かを言うよりも早く、シュレインが楽しそうな顔になって言った

「そうじゃの

それに、そうなると吾は、奥様ということになるのかの?」「勿論です

奥様」「ふむ