ブラックジャック 小さくなる

ブラックジャック 小さくなる

あなたも好きかも:スロット 継承率
月を背後に佇む騎士は、夜風の中で神々しくさえあった

 その神々しさというのは、エベルのような強烈な圧力ではなく、柔らかで穏やかなものだ

不快感がない

「フェイルリングさんこそ、よく御無事で」「ええ

生きているのが不思議なくらいですが、生き残ることができたのであれば、なにもいうことはありません

あなたも好きかも:パチスロ 黄門ちゃま 喝 印籠チャンス
結局、セツナ殿に御助力することがかなわなかったのは、無念ですが」「そんなこと、ありませんよ」 セツナは、自虐的に告げてくるフェイルリングに正直な気持ちを伝えた

「皆さんが力を貸してくれたからこそ、あの場を脱出できたのは紛れもない事実です」「しかし、エベル討滅には、我々はなんの寄与もできなかった

それもまた、事実」「フェイルリングさん……」「当然の帰結ではあるのです

我々とエベルの力の差は、あまりにも大きい

我々がネア・ガンディアを打ち倒せなかったのも、圧倒的な戦力差故」「ネア・ガンディアと、戦われていたのですか?」「無論」 フェイルリングは、至極当然といわんばかりにうなずいた

あなたも好きかも:大分 パチンコ
「我々は、救世騎士団と名乗っています」「たった五人で騎士団などと笑われましょうが、我らの覚悟と受け取って頂きたい」「救世騎士団」 フェイルリングらの発言を受けて、その名称を反芻したセツナは、その名に込められた並々ならぬ覚悟に感銘を受けた

 ベノアガルドの騎士団は、フェイルリングが起こした革命の以前と以降では、その立場や役割ががらりと変わっていることは、セツナもよく知っていることだ

革命以前は、ベノアガルド王家に忠誠を誓う騎士たちの集まりであり、革命によって王家が倒れてからというものは、ひとびとの救済を理念として掲げ、実際に行動に移していた

 聖皇に召喚された皇神にして、神々の裏切り者たる救世神ミヴューラに選ばれた十三人の騎士と、数多の騎士たちは、世に救いを求める声あれば馳せ参じ、手を差し伸べ、剣を掲げてきたのだ