エイリアンvsプレデター パチンコ

エイリアンvsプレデター パチンコ

そうすると、まだ優しい少年だった時代の彼が少しだけ覗き、ゼベルは何とも懐かしい気持ちになるのだ

「ああ、そのつぶつぶは、豆の形なんだね」そんなことを話していると、伯父がすすっとこちらに寄ってきた

そちらで話していた両親も寄ってきて、何となくぎこちないものの、家族で輪になる

あなたも好きかも:スロット ウェイト 理由
因みに、ロスベル伯父の妻君はこのような会には呼ばれない

やはり秘密も多い会話になり得るこの家族の会話に入れてしまうには、まだ早いとの判断である

つまりのところ伯父の奥方は、天真爛漫と言えば聞こえはいいが、いささか口が軽いのだ

「ウィームの歌乞いから、………その豆の精を?」「伯父上も、あの方の不興だけは買わない方がいいですよ」「なんだ、残虐な気質の者なのか?それとも我が儘な女なのか?アリステルの後任でありながら、華がないものだと思っていたが……」そこで伯父が黙り込んだのは、リーベルとゼベルが同時に青ざめたからだ

「な、なんだね?」「伯父上、死者の王に報復されたくなければ、そのようなことは二度と口に出されませんよう」「そうだよ

あなたも好きかも:豊橋駅 パチンコ イベント
ディノ様は死者の王より階位が上だし………」「し、死者の王より階位が上?!」そこで、絶句した両親とラベルに対し、伯父は声を荒げて詰め寄ってきた

ぐいっと距離を詰められて、ゼベルは目を瞬く

「公にはしてないかもだけど、死者の王が彼にだけ敬語だからね

あなたも好きかも:天才バカボン パチンコ
……と言うか、そうでもなければディノ様は白過ぎるよね、奥さん」「キュン!」「はは、奥さんはネア様派だなぁ」ネア様の方が格好いいと主張した奥さんの頭を撫でていると、いつの間にか家族達は顔を付き合わせてぼそぼそと話し合っていた

なぜか皆顔色が悪い

ややあって、こちらを向いた

「ゼベル、………その、死者の王と、契約の魔物の不興だけは買わないようにな」「父上、……………」「お前は思ったことを口に出し過ぎる

死者の王より上の階位ともなれば、人間の前に姿を現した記録すらない未知の魔物だ

もし、血族含めて恨みを買えば………リーベル?」「……………いえ、………そういう意味であれば、俺がもう…………」「リーベル?!………そう言えば、歌乞い様から何か報復をされていると話していたが、まさか………」すっかり震え上がってしまった家族達を見回し、ゼベルは奥さんと顔を見合わせて溜め息を吐いた

兄はもはや目が澄んでいて、ちょっと悟りの境地だが、そもそもネア様とディノ様が一緒にいるところに遭遇している上に、死者の王の前ですらあれこれあったそうではないか