パチンコ 奈良市

パチンコ 奈良市

ここで戦うのは分が悪いと判断したのか、二年生の魔術師は自分の腕と足に突き刺さった杭を強引に引き抜きながらその場から離れようとする

当然、康太がそれを易々許すはずがない

文のほうに意識が逸れた瞬間に、すでに方陣術による光の鞭をかいくぐりあと数メートルのところまで迫ってきていた

槍の射程距離ぎりぎりのところまで迫っている康太に対して、取れる手段はかなり少なかった

そもそも康太をこの距離まで近づかせたことがまず悪手なのだ

だがこの距離に先輩魔術師の勝機があるといってもよかった

あなたも好きかも:ブラッドプラス スロット dmm
そのことに気付いた彼は、康太の槍を自身の鞭の魔術で無理やりにつかむと康太の体を自分の近くに引き寄せる

決して離さないつもりか、数本の光の鞭で康太との距離を強引に零にしたまま硬直状態を作って見せた

あなたも好きかも:bet365入金
「・・・何のつもりですか先輩・・・俺男と抱き合う趣味はないんですけど?」「・・・こうすればお前の連れは攻撃できないだろ?お前を盾にしたままあいつと戦わせてもらう」康太を盾にする

あなたも好きかも:沼袋 スロット
なるほど確かにこの状況においてかなり有効な手段といえるだろう

相手が狙撃ができるからといって、あの攻撃は特定の対象のみを攻撃できるような代物ではない

物理的な攻撃である以上、盾があれば防ぐことは容易だ

その盾が何も物体である必要はない

生き物でもいいのだ

例えば文と同盟関係を結んでいる康太でもいい

普通に考えれば味方への攻撃などは避けるべきだ

フレンドリーファイアなど戦いにおいては最も避けるべき事項なのである

普通に考えれば、攻撃などできるはずがない

味方を盾に取られているこの状況で文ができることはかなり限定されてしまったというべきだろう