スロット ダンジョン

スロット ダンジョン

次は食器だ

影収納の魔法に食器も投げ込んでいたはずだ

「食器か? そろそろ、新しいの持ってくるよ

あれ、限界近かったし」 モペアが、そばの森にトコトコと入っていく

しばらくして戻ってきたモペアの手には、皿を幾つかとスプーンとフォークがあった

あなたも好きかも:パチスロ イベント 都内
ちなみにフォークは、こちらの世界で使うものなので、ちょっと形状が違う二又のものだ

「はい」 真新しい食器の数々を見て、不思議に思う

「これってどうしたんだ?」「木々からちょっとだけ力を分けてもらって作ったんだよ

あなたも好きかも:黄門ちゃま スロット 打ち方
屋敷にもあっただろう」「ああ、あの木の皿ってこうやって用意していたのか」 最初にノアから皿を渡されたときに覚えた違和感の正体に気がつく

 あの屋敷にあって、オレ達の人数分あった木製の食器

 屋敷に元からあったものは、全て古びた代物だったのに、食器だけは綺麗だったのが不思議だった

 そっか

 あれは、モペアが作ってくれたのか

 ということは、オレ達が思っていたより、ずっと当初からモペアは力を貸してくれていたことになる

「カロメーを作るね」 ノアがバッグの中からひときわ大きい布を取り出した