恐竜 ぱちんこ

恐竜 ぱちんこ

なんて、まあ随分と回る様になった仕事用の脳みそが答えを弾き出している間に、随分と幼い女の子の声が聞こえた

「えっと……いらっしゃい

一人で来たの? お母さんかお父さんは……」 いらっしゃいませを伝える相手は随分と小さく、まだ小学校に上がったばかりかと思われる小さな女の子だった

雨の予報も無かったってのに両手で大事そうに傘を抱えて、ツヤツヤサラサラな黒髪を跳ねさせながら女の子はぴょこぴょこ走ってお店の中に入って来る

あなたも好きかも:スロット 静岡市
あれ……えっと、僕の名前呼んだ……よね? 知り合い…………の、娘さん? え? まさかデンデン氏——っ⁈ いやいや、それはない

でも……アギト…………って

「どったの、アキトさん

お、ちびっ子

あなたも好きかも:スロット アリア 設置店
親御さんは……あれ、すぐそこには居なさそうだけど

てか知り合い? 名前呼んでたし

え…………ま、まさかとは思うけど…………」「ちが——違うよっ! 電話を出さないで! 通報しないで! 違うよ! 事案じゃない! 事件でもない! ごほん

えっと……一人でどうしたのかな? パン買いに来たの? お使い?」 ちょ、ちょっと……花渕さんや…………スマホと僕とを行ったり来たりするのやめて、通報した方がいいかなぁ……って顔やめて

あなたも好きかも:地獄少女2 パチンコ 7テン
しかしどうだろう、本当に見覚えの無い子だ

お母さんに連れられてお店に来たことがある……とか、そういうことならまあ

名札もしてるし、名前を呼ばれたのも頷ける

アギトとアキトじゃそう変わらないし、間違えて覚えたか僕が聞き間違えたかだろうし