スロット 純増多い台

スロット 純増多い台

 かつてクルセルクの魔王として君臨していたころからは考えられないことだが、彼は、そんな皇魔たちのために涙を流していた

 そんな彼の様子を無関係な人間たちが奇異な目で見ていることを知り、やはり人間とは相容れないのだと、ユベルは内心想わざるを得なかった

 ユベルは、身も心も皇魔に近づいているようだ

あなたも好きかも:パチスロ 32ゲーム
 その後、ユベルは魔王軍の残存戦力を纏め上げると、エイラ=ラジャールから報告を受けた

「女神教団軍の将兵の話を聞く限り、女神への忠誠心は失われているようです」「つまり、女神は打倒された、と考えてもいい、と?」「おそらく」 エイラは、自信なさげにうなずいたものの、女神教団の人間が突如として女神への誹謗中傷を始めたという彼女の報告を聞く限りでは、ほかに考えようのない話だった

あなたも好きかも:オンラインカジノ 新しい
いまのいままで女神マリエラ=フォーローンの命令に従い、命を賭けて同盟軍と戦っていた連中なのだ

あなたも好きかも:スロット ストリートファイター4 フリーズ
そんな連中が突如夢から覚めたかのように態度を豹変させるということは、女神によるなんらかの支配が解除されたと考えるしかない

 そして、女神が彼ら教団教徒の支配を解除する理由がない以上、考えられることはひとつだ

 強襲部隊の作戦が成功したということだ

 勝鬨が、同盟軍を包み込んだ

「終わった……んだよな?」 シグルドが呆然としながらも口を開き、ジンに問いかけたのは、偽りの女神が消滅し、女神を消滅させた白い騎士もまた、姿を消してしばらくしてからのことだった

 唐突な、それこそだれひとりとして想像だにしない戦いの結末は、戦場に沈黙をもたらした

だれひとりとしてその勝利とも呼べない戦いの結末を喜びもしなければ、声ひとつ発することができなかった

それはそうだろう

圧倒的な力を見せつけ、同盟軍に甚大な被害をもたらした偽りの女神マリエラが、謎めいた人物によって為す術もなく滅ぼされていく様を見せつけられたのだ

そこにシグルドたちの意志は介在しておらず、完全な第三者であり、部外者というべき状況だった

まるで、マリエラと騎士(が所属する組織)の内紛の結末を見せつけられたようなものであり、シグルドたちにしてみれば、なんのために女神打倒のために反攻作戦を起こし、多大な犠牲を払ったのかわからなくなる