dq4 ds カジノ 攻略

dq4 ds カジノ 攻略

初対面でも慣れた仲間でも、的確ポイントを突いて攻め入れる

これって才能なのかな』未だに2つの言葉を結びつける何かを、グロリオーサがまだ解らないなりに懸命に考えている心を拾い読みながら、そう言った

そして、続けて穏やかに口を開く

『でも、グロリオーサ自身も"攻撃"の自分の力加減が判らなくて、困っている時もあるんだよね

自分は普通に――相手が望む通りに本気で戦っていただけのつもりなのに、決着がついたのなら、相手の息の根を止まってしまう』ただ"腕試し"を望まれて、希にはグロリオーサ・サンフラワーの"剣豪"の名前に、行く手阻まれて、仕方なく"本気"で剣を交えたことで、奪うつもりのなかった命を奪ってしまう

戦った相手の骸の前で、太刀を鞘にしまいながら、その度にトレニアが直ぐに傍らに立って、グロリオーサの背中を強くパンっと叩いてくれた

俯いてしまう幼馴染みの顔を、背中を叩き、"活"を入れる事で上に向けてくれる

《相手から望まれた戦いだったのだから、グロリオーサが悪いわけじゃない

グロリオーサに戦いを挑んだ相手の人も、本当に"強い人"と戦いをしたかったそれだけ

あなたも好きかも:聖闘士星矢 スロット 夕方から
そして、そんな生き方を――戦いに気持ちを向けていたから、いつか終わる自分の命が、戦って負けて命を落とす事も覚悟出来ていた

貴方が倒した相手はもし死んだとしても、決して「死ぬつもりはなかった」なんて弱音吐くような人ではない

"戦って死ぬ"事が、本望な人達だったのだから、グロリオーサが悔やんだら、逆にその人達の武人としての誇りを侮辱する事になる

だから、グロリオーサの気持ちの分だけ気落ちしなさい

もし、気落ちした事で貴方の太刀が鈍るような事になったなら、これも戦って命を落とした人には屈辱になるのだから》紫の瞳に優しさ、厳しさを同時に浮かべて、グロリオーサに"戦った相手"の遺言を伝える

それは強くはあるけれど、優しくもあるレジスタンスのリーダーが、過分に背負おうとしている"業"を選り分け、落としてくれる事に繋がっていた

『俺は…その…トレニアを傷つけてしまっているのか?

今まで、剣を交えた相手みたいに、ただ…今は口喧嘩をしていることになるのか?

それをした事がその』(大切な"親友"の心を傷つけてしまっているのか?)グロリオーサのしどろもどろとした声と、真っ直ぐな心を聞いた魔女は、ゆっくりと頷いた