スロット 流れ

スロット 流れ

俺も、知りたいです

エリファス師匠、"エリファス"って、一体どんな存在なんですか?」今度は落ち着いていたが、切実に絞り出すような声でシュトは賢者に懇願した

そして魔法鏡に映る、時間の流れのズレに囚われている老人が、切なそうに自分を見詰めているのに気がついた

『"今"いるエリファスも、銃を持つ男に偉く慕われているらしいな

あなたも好きかも:シンデレラブレイド2 スロット
ネェツアーク』バロータは姿を見せない賢者に呼びかける

「何でしょう、バロータさん」ネェツアークからの応答は直ぐにあった

『長たらしい話しが始まる前に、銃を扱う少年に在るもの送ろうと思う

少しばかり、魔法鏡の回線の一部を融通しておくれ』そう言うと、老人は小麦粉にまみれた手をパンパンと叩いてから自分の胸元に手を伸ばし、在るものを拳に握りしめ、取り出した

あなたも好きかも:パチンコ p機 設定
『どうぞ

あなたも好きかも:カジノ 大人の社交場
では支度しますので、少々待ってください』ネェツアークはどこか軽快さ感じさせる声で返事をして、パチリと指を弾く音が響く

「シュト、手を出しなさい」アプリコットに声をかけられて、シュトは慌てて掌(てのひら)を出す

「違う、こう

バロータ法王猊下がなさっているように」アプリコットに言われて、シュトが魔法鏡を見るとバロータは拳(こぶし)にしてこちらに向かって手を差し出していた

シュトは再び慌てて、魔法鏡に映る老人と同じ様な姿勢を取る

『あの男よりは素直だな

そして何より、キザでなくて良い』バロータの言葉に、初代がキザだと知って少しだけ驚くシュトに、『『それでは繋げるよ』』続いてネェツアークの声が2つの部屋で響く