ミレニアムドッグ スロット

ミレニアムドッグ スロット

"誇りに思って良いんだっ"という、トレニアのその言葉で、賢い少年は自分の中にある後ろ暗い所を、抉られたような痛みを感じる

すると、親友も弱々しく笑った

―――うん、私もね、今、アングレカムが感じたみたいな、何だか自分の汚くて見たくない部分で、そんな痛い気持ちを感じたんだ

―――それは、普通であることに、奢っていたということでしょうか

いえ、一般的に普通でないと見える人を、下に見ていたということでしょうか

―――もう、難しい言い方をしないでよ、私はアングレカムみたいに頭がよくないんだから

―――すみません、じゃあ、率直にいいます

あなたも好きかも:おすすめ パチンコ
私もトレニアも、気がつかないうちに、いえ、私に関しては気がついていたかもしれない、それでいて"普通でないことを、バカにしていたんでしょうか"

あなたも好きかも:仙台駅 パチンコ 換金率
このストレート過ぎる言い方には、堪えきれずにトレニアは吹き出してしまっていた

あなたも好きかも:パチンコ 嫌 な 客
それから、力を抜いて、ゆっくりと頷き、"認めた"

―――それも、見も蓋もない言い方よね、でも一番当たっているかもしれない

それで、それが一番身近な大切な人を傷つけてもいたことに、布告を聞いて喜んでいるお父さんとお母さんを見てやっと気がついたの

スッと鼻から息を吸って吐き出して、真っ直ぐ前を向いて、まるで罪を告白するような気持ちで、トレニアは口を開いていた

―――ああ、私は知らない内にだけれど、自分を産んで、育ててくれた人達をこうやって、馬鹿にしてしまっていたんだって

気持ちが表現する気持ちが不器用すぎる"性質"に生まれついてしまったとはいえ、周囲からも、況(ま)してや産まれた子どもからも、馬鹿にされる様な気持ちは、どんなに切なくて、辛くて、やりきれないだろう

―――お父さんお母さんは、怒っている気持ちを胸一杯にしながら、どこかで必ず悲しんでいたんだって、初めて気が付いたの

―――国が、こうやって認めてくれて、トレニアの親御さんは、やっと自分に自信がもてたという事になるんでしょうか

  ―――多分、初めてじゃないのかな