ガールフレンド スロット 7揃い

ガールフレンド スロット 7揃い

モーリスがそちらへ目を向けた

「なんだ」「我ら百騎隊の行なった帝国軍の包囲網突破、その功績の最たる者は百騎隊の軍師…ツバキです

彼の献策あってこその成果でした」「なに?そやつは確か、野営地の近くでそなたが拾ってきた子供であろう?そんな有能な男だったのか?」「そんな話はいい!」 王太子が会話に割り込んだ

「簡潔に述べる

エレオノール・フォン・アンスバッハ!ウィル・ユンカース!王族たる俺の命《いのち》を救った功績として、貴様らに第一等騎士勲章を授ける

聖騎士勲章、特級騎士勲章に次ぐ栄誉だぞ

謹んで受けよ!」 王太子はモーリスに勲章を手渡した

そして彼の手を介して、エレオノールとユンカースに渡される

「そこのガキ…ツバキと言ったか?にも、後で勲章をくれてやろう

ふん、泣いて感謝しろ」「あの…ちょっといいすか?」 ユンカースが軽く手を挙げて発言の許可を求める

あなたも好きかも:アメージング・リンク・ゼウス
どことなく飄々とした仕草だった

あなたも好きかも:モンハン スロット カットイン
「なんだ、言ってみよ」「勲章くれるってんなら、聖都に帰った後でもいいんで、ウチの隊員で戦死した奴らにも授けてやって欲しいんですがね

あなたも好きかも:サンズ カジノ 日本
つか、俺はいらないっす」「あん?」 王太子が眉間に皺を寄せた

「いやいや、なんつーか、俺なんかが貰うのは恐れ多いと言いますか」 ユンカースは誤魔化すような素振りで手を振った

「それより、戦死した奴らはほら…心より敬愛するする王太子様のお命を救いたい一心で戦って死んだ訳で…奴らに報いてやっちゃくれませんかね」「むう、そうか

俺の事を心より敬愛して…」 王太子は、顎に手を当て考え込んだ

「よし、それならば貴様の隊の殉死者全員に第四等騎士勲章を授けよう」「恐悦です、陛下」 ユンカースは頭を下げた