カナリヤ パチスロ

カナリヤ パチスロ

知っているけれど、まだ気持ちが追い付けなくて、それは眼帯をつけた"ダン"の時も同じで、少年は"2人"でも抱えることでさえ出来なくて、怯えそうになった時―――トレニアに、"王妃"として呼ばれた

それは"命令"としても違えないので、素直に従って王妃が日の一日を殆ど過ごす様になった寝所に向かう

すると、そこには先に訪れていた新しい家族―――スミレと、ダガーとは母親違いで生まれ、もうすぐ2才になるの弟のロッツが抱えられ、やって来ていた

トレニアが"家族"で過ごしたいからと、近習の者もいない

あなたも好きかも:小出恵介 カジノ
―――ごきげんよう、ダガー様

ロッツを抱えるスミレが美しく微笑んで、ダガーは少しだけ頬を赤くした

―――ダガー、グロリオーサ"お父様"はちょっと遅くなるみたい

あなたも好きかも:西川口 スロット 設定
先に、お話していましょ

あなたも好きかも:パチンコ ゴト師 逮捕
トレニアが朗らかに笑って、スミレからロッツを受け取り、本当に心から嬉しそうに笑う

その嬉しさは、心の声が聞こえるダガーにしてみたら、母の日々苦しくなる痛みや苦しみを僅かだが遠退くのを感じる事が出来ているので、"好きなもの"は病にも効果があるのだと、実感する

スミレもトレニアがロッツを抱えて微笑んでいる姿に、心から安堵しているのがダガーに伝わってくるのも、嬉しかった

世間は政略結婚だの、父グロリオーサが、スミレの色香に騙されたなどと言っているが、彼女が自分の父親よりも、寧ろ母親を慕って"側室"になっているのだという事が判るから、子どもながらに苦笑いを受かべてしまう

成長が"穏やか"だと聞いている弟ロッツは、病床の為に片側に結われたフワフワとしたトレニアの髪に興味を持っている様子で、彼は母親譲りの緑色の瞳で、それを見つめ、手を伸ばす

母親は違うけれど、兄弟して眉毛だけが毛の色が違っても、父親にそっくり過ぎる形で、それがダガーには嬉しくも思う

堅物と思われる宰相のアングレカムでさえ、グロリオーサが赤ん坊のロッツを抱っこして、ダガーがそれを覗き込むようにして、3組揃えた様な眉毛が並んだ時、滅多に浮かべない本当の笑顔で、堪え切れずに笑い出す

―――少なくとも、貴方達3人は、絶対に血の繋がりがあると、初見の方でも思うでしょうね

そう断言してくれた

産まれた場所が違っても、グロリオーサという父親の血が、母親と自分と、綺麗なお姉さんと弟を家族として繋げてくれている