パチンコ ミリオンゴッド 潜伏

パチンコ ミリオンゴッド 潜伏

「なにスネてんだよ、女々しいヤツだな」「拗ねてない」「拗ねてンだろーが」 朝っぱらから互いに睨み合う

――と、始業チャイムが鳴るギリギリ一分前に、やっと優樹が走ってやって来た

あなたも好きかも:パチンコ 箕面市
彼女は周囲のクラスメートたちに「おはよーっ」と笑顔で挨拶して、「……あ」と立花の所にいる反町を見つけるなり駆け寄った

「流君おはようっ

立花もおはよう」「ついでみたいな言い方はやめろ」と立花は目を据わらせる

あなたも好きかも:zガンダム パチンコ 甘 設置店
 反町は腕を組んで、笑顔の優樹にため息を吐いた

「遅刻寸前」「あ、う、うん」 優樹は「へへ……」と誤魔化すように笑って、呆れ顔の彼を見上げ、何かを切り出そうとしたが、チャイムが鳴り響いてしまった

 反町は深く息を吐き、「……じゃ」と、のんびりとした足で自分のクラスへと足を向ける

その背中を振り返って、優樹は「流君っ」と飛び止めた

あなたも好きかも:スロット アカギ フリーズ
「私、今日、ちょっとお昼と放課後に用事があるの」 反町は少し顔をしかめて、申し訳ない笑みを浮かべる優樹を振り返った

「ごめんね、一緒に出来なくて……」「……

うん、わかった

いいよ」 反町は少し戸惑い気味に目を泳がせたが、追求することもなく教室を出ていく

その沈んだ背中を見送って、立花は、「……ふう」と吐息を漏らして肩の力を抜く優樹を訝しげに見つめた

「おまえ、何やってんだ?」 どこか苛立ちを含めた呆れ声に、優樹は「え?」と首を傾げる

「べったりし過ぎるなっつぅた身分だからこんなこたぁ言いたくねぇけど、あんまり放っておくとそのうちマジで泣き出しやがるぞあいつ」 いなくなった気配に顎をしゃくられ、優樹はキョトンとし、「ま、まさかぁ」と情けなく笑ってあしらったが、立花の方は真顔だ

「今だってかなり拗ねてた

ちゃんとご機嫌取りをしろ