当たる確率が高い宝くじ

当たる確率が高い宝くじ

僕は急いで、執務室の窓から飛び出していく

「え、し、『死神』? だから、迷宮で一体何が?」「ふむ、それは私から説明しよう

あなたも好きかも:ハードディスク スロット
待っている間、暇だからね」 詳しい説明を聞こうとするスノウに対して、ローウェンが代わりに答えようとする

「……え

あ、はい」 礼儀正しく説明しようとする守護者(ガーディアン)を前にして、スノウは大人しくなる

それを《ディメンション》で確認し、僕はラウラヴィアの街へ繰り出す

 そして、図書館に向かって全力で駆けていった

あなたも好きかも:くにおくん オンラインゲーム
◆◆◆◆◆「――なにこれぇ! すっごい! これ全部本なの!? お兄ちゃん!」 30層からここまでずっと静かだったリーパーだが、ラウラヴィアの図書館に入った途端、急に元気になった

どうやら、ここまで本が並んでいるのを見るのは初めてのようだ

あなたも好きかも:石神井公園 パチンコ
興奮を抑えきれないといった様子だ

 背後の死角でリーパーがはしゃいでるのを耳にして、すぐに《次元の冬(ディ・ウィンター)》で魔力の供給を絞る

「――う、うぁあ! な、なんで!?」 一応、迷宮外では浮遊するなと言い含めていたため、周りの人間は騒がしい子供が入ってきた程度にしか見られていない

 僕は実体を失ったリーパーに近づき、小さな声で話しかける