パチンコ ラムちゃん

パチンコ ラムちゃん

「……今は誰もいないみたいね

あなたも好きかも:ドラクエ スロット オーブ
そろそろ時間も切れる頃だし、丁度良——」「——良くないっ! かけ直してくれ! 監視カメラがあるから!」 後のことはなんとかすると言ったけども! 限度がある! もしここで見つかったら、被害者Aから容疑者Aに早変わりだ

犯人は現場に戻るとか言うしね、これも二回目だけど

あなたも好きかも:偽物語 スロット 君の知らない物語
見つからないようにってのは、人に見つからないようにって意味じゃない

社会的にまずいことにならないようにって意味だ

「しょうがないわね……【The blinking prayer】——」 未来の言霊は響くことなくスゥと溶け込んで、そしてまた僕達の身体を消してくれた……筈

ずっと消えてるし、分かんないよ

人が近くにいなさそうだから、足音とか話し声はそこまで神経質にならなくていいと思うけど……「……血の跡は残ってない……か

死骸のひとつも残されていない

ここにいた個体は既に消えてしまったみたいだね

となると、上で倒したあの魔獣が最後の希望だけど……」「それも可能性は低いでしょうね

あなたも好きかも:おだのぶなの野望2 パチンコ ボーダー
魔力痕も残ってないし、あるのは暴れた魔獣の爪痕だけ……か

これが何かの役に立つとは思えないわね」 そこかしこに残されていたのは、およそ現実に存在するものとは思いたくない、深い爪痕だった

凄く鋭くて太い爪に削り取られたコンクリートは、砂みたいに細かい粒になって路面標識を覆っていた

これが本当に生き物によるものだって、他の人達は本当にそう思えるだろうか

僕だって半信半疑になってしまうのに

「……? この爪さ、本当に魔獣のものかな? あれ? だって、ほら