bayonetta スロット

bayonetta スロット

 ミステリー作家はそのことをじゅうぶんに精査してトリックを作り出しています

 思いつきだけで誰にも文句を言わせないトリックを作れる人は「ミステリー界の神様」です

 でもそんな人はすでに「ミステリー大賞」を受賞していることでしょう

 それだけミステリーは意外性のあるトリックを作り出すことが難しいジャンルなのです

あなたも好きかも:シンガポール カジノ スロット
最後に 今回は「フィクションレベル」について述べてみました

 小説はノンフィクションでもないかぎり、必ず「フィクション」が含まれます

そのフィクションが舞台設定でどのくらい、人物(キャラクター)設定でどのくらいかかるか

あなたも好きかも:スロット 新機種
これを調整するのが書き手の役割です

 魅力的な小説を作るためにも「フィクションレベル」を同一作品では一定に保ち、「ご都合主義」に陥らないよう工夫していきましょう

道具をキーアイテムに 小説ではえてして「道具」が物語の重要な役割を担うことがあります

いわゆる「キーアイテム」です

『桃太郎』にはきび団子、『浦島太郎』には玉手箱、『花咲かじいさん』には愛犬の遺灰、『水戸黄門』には三つ葉葵の印籠のようなものですね

あなたも好きかも:札幌駅 パチンコひまわり
西洋だと『アーサー王伝説』の試しの剣カリバーン(のちに湖の妖精から「エクスカリバー」を授かります)、『聖書』の禁断の果実、『シンデレラ』のガラスの靴、『白雪姫』の毒リンゴ、『ポパイ』のほうれん草などいろいろ思い出せますね

 マンガですと桂正和氏『ウイングマン』で、書いた夢が現実になるドリムノート、逆に大場つぐみ氏&小畑健氏『DEATH NOTE』で名前を書かれたら必ず死ぬデスノートはとくに有名です

 北条司氏『CITY HUNTER』で主人公の冴羽リョウが持つコルト社製のパイソン357マグナムという拳銃(略してコルト・パイソンといいます)も欠かせません