ダイヤモンド・エンパイア

ダイヤモンド・エンパイア

おいまさか…今の、覚えて、いない…? え

あなたも好きかも:ゴッドイーター スロット アラガミ選択率
本当に?もういいかな…って思いかけてたんですが僕

「………パスカルの…バカーーー!!!変態!むっつり野郎!!大っっっ嫌い!!!」「えええええっ!?ぶはっ!」 ボスンッ!と彼の顔面にクッションを投げ付け、ダッシュで扉に向かい勢い良く開けた!「あ、セレス

今何か叫んだか?って顔赤くないか…?」「ル、ルシアン…!」 そこにはルシアンとバジルの姿が

ロッティはいないが…今それどころじゃない!!! 僕はヘルクリスの背中に飛び乗った

「僕部屋行ってるから!!!暫く誰も来んなっ!!」「ええ〜…?」 もうパスカルなんて知らん!!! 部屋のベッドにダイブし、先程の出来事を思い出す

「ううう…パスカルのばかあ…!!」 急でびっくりしたし恥ずかしかったけど…嬉しかったのに…!これだから男ってのは! あんにゃろうロッティにチクってやる!!バズーカで吹っ飛ばされちゃえ!!!「余計面倒な事になったようだ…」 僕はヘルクリスの背中に顔面を押し付けて、ひたすらに啜り泣くのであった

あなたも好きかも:パチンコ 6号機 規制
 ※ セレスタンが飛び出して行ったのを、パスカルは呆然と見送った

「おい、マクロン…お前何した…?」「殿下…」 ひょいっと顔を覗かせたのはルシアン

次いでバジル

ヨミとセレネも部屋に入る

 全員ベッドの周りに集まり、パスカルを囲った

あなたも好きかも:やじきた スロット 天狗
「俺…あれ?セレネと言い争った後眠くなって…寝たはず

 でも何か頬に温かいものを感じて…気付くとシャーリィが優しい眼差しで俺を見下ろしてたんです…

 でも髪は長くなってるし、見た事ない構造の服を着てるし…あ、夢かってなって…」 パスカルは完全に頭が回りきっていない状態で、今の出来事を説明し始めた

「あー…こりゃいい夢だと思って