秘宝殿 スロット 4号機

秘宝殿 スロット 4号機

『ゆっこ姉、その姿どうしたの?』 直樹やヨハンも訝しげな目で見ていることからも、彼らもゆっこ姉の今の状態のことを知らなかったようだった

対してゆっこ姉が笑いながら自分を指差し「スペリオル化よ」と答えた

「レベルが100超えたんで選択が出てね

精霊種としての最上位のひとつ『炎の女王』になれたってわけ

外見年齢も全盛期に固定されたし、安定すればもう少し隠せるとは思うんだけどね」 ゆっこ姉が肩をすくめながら、自分の手のひらを見る

あなたも好きかも:北斗の拳 スロット 新伝説創造 設定判別
傍目には普通の人間なのだが、わずかに薄く、炎の赤色が出てくることがあった

それはもうゆっこ姉が人間を超え、恐らくは数千年の長き刻を生きることになる上位種となった証だ

あなたも好きかも:パチンコ サンヨー cm 海 どこ
 それからゆっこ姉が風音のそばに寄って抱きしめる

「それよりも風音、私よりもあなたよ

よく無事で……とは言い難いけど、また会えて嬉しいわ

最初は直樹の妄想かと思ってたけど、本当に風音なのね」 その言葉に「え、妄想?」と直樹が心外な顔をするが、風音は『えへへ』と笑った後『本人かはいまいち自信はないけどね』と返した

あなたも好きかも:アルミ ホイール ジョーカー
それからルイーズが口を開く

「あたしも、話に聞いたときにはちょっと信じられなかったけど……でも、その姿が見れただけでも嬉しいわ」 そう言ってルイーズが涙ぐんでいた

それはゆっこ姉も同様だ

 風音にとっては、突然目覚めての状況で実感はないが、彼女らにとっては奪われたものが戻ってきた奇跡がそこにはあったのだ