スロット 楽しいaタイプ

スロット 楽しいaタイプ

機械ではなく魔術が発達したこの異世界で機械が見つかるわけがない

おそらく見間違えか、他の転生者の仕業だろうと思いながら現場に向かった俺は、部下が掘り続けていた竪穴の最深部で、そのサキュバスの伝説を否定する証拠と出会ってしまった

あなたも好きかも:4 月 スロット 新台
 明らかに異世界のものとは思えない機械的な外見の奇妙な装置と、その装置の上に浮遊する液体の中で眠る幼い少女

部下の魔術師が調査した結果、なんとその幼い少女がサキュバスの生き残りで、この装置の中で休眠状態になっているという

 おそらく他のサキュバスたちが、最後の攻撃を仕掛ける前にまだ幼い彼女だけでも生き残らせようと、封印して地中に隠したんだろう

その上に教団の支部が建てられ、拡張のために掘っていたら偶然最後の末裔を発見してしまったという事だったのだろうか? 端末の能力で洗脳して戦力にしようと何度か考えた

他者から魔力を奪い取り私腹を肥やすサキュバスを眷族にして戦わせるのはオルトバルカ教団の禁忌とされているが、サキュバスと俺の力があれば本部の兵力は容易く返り討ちにできる

 しかし、サキュバスは強力な魔術の扱いに秀でる種族で、戦闘力では吸血鬼を上回るとされている

あなたも好きかも:ビック アップル パチンコ
迂闊に復活させてこちらが返り討ちに遭ってしまったら意味がないため、確実に洗脳できるほど俺のレベルが上がるまであの封印を維持しておくことにしていたのだ

 だが、その封印は俺を暗殺しに来た蒼い髪の少年の流れ弾のせいで、解けてしまった

俺が弾き飛ばしてしまった1発の弾丸が、他の種族たちを苦しめた古(いにしえ)の破壊者の末裔の封印に終止符を打ってしまったのだ

 あの少年とサキュバスを戦わせれば、上手くいけばサキュバスが少年を倒してしまうかもしれないし、サキュバスの実力を目にする事ができるかもしれないと考えていた

だが、なんとそのサキュバスは少年と行動を共にし、彼らと共に俺たちの拠点へと攻め込んで来ている………

あなたも好きかも:田町 パチンコ エイト
「馬鹿な………」 部下たちの肉体の破片が転がる石畳を見下ろしていた俺の鼓膜に、銃声と部下の断末魔が流れ込んでくる

おそらく階段の辺りに配置しておいた部下たちの断末魔だろう

サキュバスとあの少女のような少年が攻め込んできたんだろう