エウレカセブン パチンコ 2

エウレカセブン パチンコ 2

私が一人で相手をしていますけど、中々大変です

そんなものを放って置く訳にも行かないでしょう」「それに、此処で倒して置けば後々追われる事もない……元々格下の相手

油断は出来ないが、倒せるうちに倒した方が良いだろう?」「そういう事

後で向かうから、他の人たちに言っておいて

シターさん」 ズハルたちの意見は、至極真っ当なものだった

 確かにゾフルとハリーフを無視して進んだとしても、追われるか他の兵士たちに被害が被《こうむ》るかもしれない

嗾《けしか》ける生物兵器の兵士達も厄介

あなたも好きかも:犬夜叉 スロット 設定変更
 それならばある程度の事は此処で済ませた方が良いであろうという判断なのだ

あなたも好きかも:ティキ・タンブル
 そんな、シターを逆に返す方向で話を進める側近たちにシターは言葉を続ける

「なら、私も手伝います

私の盾魔術は敵の兵士達やゾフル、ハリーフにもそうそう破られません

攻撃だけでは無く、守護も徹してこそですから……!」 それは、自分の盾魔術で生物兵器の兵士達の進行

ゾフルやハリーフの攻撃を受け止めるとの事

 確かに幹部の側近にしてはかなりの防御力を誇るシターの盾魔術

それは攻撃に転ずる事も出来るので味方からすれば便利だろう

 その反応に、ズハルたちは再び言葉を続けて話す

「んじゃ、手伝いを頼んだ