ソフィア パチンコ 業績

ソフィア パチンコ 業績

 シュレインはある程度精霊にも通じているが、その彼女が何も感じていないとなると、本当に小さな変化だったことがわかる

「となると、今のところ考えられることがふたつあるかな?」「というと?」 フローリアが確認するようにそういうと、考助は今頭のなかにある考えを話す

「ひとつは周囲にいる精霊が何かを感じてワンリに知らせたか、もうひとつは神具が精霊を使ってワンリに何かを知らせたかったか」 状況を考えれば、確かに言う通りだと思ったフローリアだったが、すぐに考助の言葉におかしさに気付いた

「知らせたかった? 警告とかではなく、か?」「うん

あなたも好きかも:パチンコ 一時間 回転数 通常
警告だけなら戦闘が始まる前に伝えればいいだけだしね」「ああ、そうか

そうだったな」 ワンリが感じたのは戦闘の真っ最中のことだった

 もし神具が警告を発するために精霊を使ってワンリに知らせたかったのであれば、戦闘が始まる前に精霊を使って伝えればいい

 勿論、突発的に戦闘が始まってしまってそんなことをする余裕がなかったと言われればそれまでだが、少なくともワンリが向かってきた段階で伝えることはできたはずだ

あなたも好きかも:ガルパン スロット アプリ
 そうならば、追い込まれた状況になるまで知らせなかった理由が何かあったと考えられる

あなたも好きかも:上野 スロット 低貸
 もっともこれは、考助が提示したふたつのうちのひとつの場合である

 もうひとつの精霊が独自にワンリに何かを知らせたかったということもありえる

「精霊の場合は、神具が何かをしようとしていたのを察知して、前もって知らせたというのがありそうだけれど・・・・・・」「何かあるのかの?」「いや、そもそも精霊が、わざわざそんなことをするのかなって思ってね」 そもそも精霊は、自ら何かをすることはほとんどなく、自然に流さるままに存在している

 考助の言う通りだとすると、精霊自ら動いてワンリに知らせたことになる

 シュレインも難しい顔になってウームとうなった

「確かに、それは中々考えづらいのう

いや、ワンリを相手にした場合は、あり得るのかもしれん」 ワンリの持っている称号が、精霊に働きかけたということもあり得る